観光情報

バリ観光の定番「カーチャーター」まとめ!レンタカーやレンタルバイクの情報も

人気観光地バリ島は、ビーチやライステラス、寺院など見どころがたくさんあります。しかしそれぞれの観光スポット間で公共交通機関でのアクセスが難しいため、ツアーカーチャーターを利用するか乗り物をレンタルして見てまわるという人が多いです。今回はより自由度の高いカーチャーターやレンタカー、レンタルサイクルなどについてまとめてご紹介していきます。

バリ島のカーチャーター事情

公共交通機関が発達していないバリ島内では、ツアーに参加しない場合はタクシーで移動するという方もいますが、効率よく観光を楽しむにはカーチャーターもおすすめです。ツアーとは違い自分の行きたいところに行け観光スポット見学や買い物の時間も自由に決められます。観光スポットが点在しているバリ島内ではカーチャーターの人気が高いので、サービスを提供している旅行会社が多いのも魅力です。いくつかの会社のプランを比較して最適なものを選ぶようにしましょう。

カーチャーターの相場

バリ島でのカーチャーターの料金相場は8時間で6,000〜8,000円ほどです。レンタカーとは違い、自分で運転する必要がないので免許の心配もなく気軽に利用できるのが人気の理由。日本語ガイド付きの料金相場は8時間で1台約8,000〜9,000円なので、複数人であれば日本語ガイド付きでも一人当たりの料金は安いですよ。

カーチャーターの予約方法

自分で直接現地の会社にカーチャーターを予約する場合は、ホームページなどを検索します。日本人向けにサービスを提供している会社もいくつかあるので、日本語の説明もあってわかりやすいです。カーチャーターのなかには激安な料金が魅力的に見えても政府公認車でないことや、料金体系がわかりにくく、最終的な料金は他のところの方が安いなんてことも。ある程度実績があり、料金に含まれるもの、含まれないものも明確保険についても記載があるところを選ぶようにしましょう。

バリ島のプールウォーターボム

より簡単なのが日本の旅行会社などを通してカーチャーターを予約する方法です。政府公認日本語ガイド付きやオプションでオープンカーに変更できるプランなど様々なプランが用意されているので内容や注意点を確認して最適なプランを選びましょう。旅行会社のツアーはモデルコースとして計画を立てる際に参考になるので合わせてチェックするといいですよ。

チップは必要?

カーチャーターを利用した場合にガイドに渡すチップはRp50,000~100,000が相場です。ドライバーとガイドが別なときはそれぞれにチップを渡すようにしましょう。お礼の気持ちを込めて帰り際にさりげなく渡せるといいですね。

▼バリ島カーチャーターのおすすめツアーはこちら!

 

バリ島カーチャーター選びのポイント

バリ島でカーチャーターを利用する場合、かなり多くの選択肢があり悩むこともあるでしょう。ここではカーチャーターを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介していきます。

ガイドの有無

安いのはやはりガイドなしでドライバーだけのプランのものですが、せっかくバリ島を観光するならガイドに案内してもらうのがおすすめです。観光スポットを案内してもらうだけでなく、急な予定変更のときにもガイドにアドバイスを受けながら次の行き先を決めたり、穴場のお店に連れて行ってもらったりできるのも嬉しいポイントです。

英語ガイドに比べて政府公認日本語ガイド付きのカーチャーターは少し高めになりますが、気軽になんでも聞けるので初めてのバリ旅行という方ぜひチェックしてみてください。カーチャーターを予約する際はガイドなし、もしくは英語ガイドor日本語ガイド付きの条件もチェックすることをお忘れなく。

保険の有無

カーチャーター予約で必ずチェックしておきたいのが、保険についてです。傷害保険、車両保険が料金に含まれているのか確認します。激安な個人カーチャーターでは保険に加入していないこともあるので要注意です。ただし、保険に加入してあっても物価の安いインドネシアの保険であるため、日本の保険に比べ支払われる額が少ないです。バリに旅行に行く際は事前に海外旅行保険に加入してから渡航することをおすすめします。

料金

カーチャーターをする際の料金は時間、人数、車種によって変動はありますが、ガイドなしで8時間6,000〜8,000円と考えておくといいでしょう。料金をチェックする際に注意してみておきたいのが、ガソリン代が含まれているかどうかです。支払いを済ませたはずなのに、当日ガソリン代を払うことになって戸惑ったということの内容事前い確認しておきましょう。日本に比べてガソリンは安いですが、料金に含まれている方が安心ですね。

もちろん観光地での入場料や買い物、食事代などは必要なのである程度お金は持って行く必要があります。観光地での駐車場代金も現地払いとなることが多いので、頭に入れておきましょう。

口コミ

気になるカーチャーター会社や予約代理店を見つけたら、口コミもチェックしましょう。料金が激安で魅力的に見えても最終的に支払う料金は他のところの方が安いなんてことも。口コミがない場合も注意が必要です。英語に自信がない方は日本語で検索して、日本人の利用者の口コミや利用体験談などを参考にするといいでしょう。せっかくの旅行なので慎重に選んで安全・快適に楽しみたいですね。

バリ島のレンタカー事情

バリ島ではカーチャーターが主流ですが、自分で運転したいという方はレンタカーを利用することもできます。レンタカーを運転するには免許などの条件をしっかりと確認しておく必要があるので予約前に必ず最新情報をチェックしてください。

バリ島レンタカー相場

バリ島のレンタカーの料金相場は1日2,000〜2,500円ほどです。車の新旧によって料金が変わる他、マニュアル車が多くオートマはあまりないので少し高めに設定されていることも。日本語対応のお店もあり、詳しい料金などは日本語のホームページでチェックできます。

レンタカーを借りる際に必要なもの

レンタカーを利用する際は借りるお店によって必要書類が変わることもありますが、基本的にパスポート(コピー)国際免許証の提示を求められます。国際免許証は日本の運転免許を持っていれば比較的簡単に取ることができるので、渡航前に申請・取得しておいてください。

レンタカー利用時の注意点

 

レンタカーを利用する場合はガソリン代が含まれているのか確認しておきましょう。自分で入れる必要がある場合もスムーズにできるようスタンドの利用方法を調べておくといいですよ。バリの道路は舗装されていないところもあり、バイクの数がとても多いので慣れていないと運転するだけでかなり疲れます。交通事情があまり良くなく、事故も多いです。どうしても自分で運転したいということでなければ、免許などの心配もないカーチャーターを利用することをおすすめします。

バリ島のレンタルバイク事情

レンタカーよりも多くのところで借りることができるのがレンタルバイクです。バリの観光エリアの道を歩いているとバイクがずらりと並べており、“FOR RENT”の表示があるのを見かけるでしょう。レンタカーより気軽に借りれますが、いくつかの注意点は事前にチェックしておく必要があります。

レンタルバイク相場

バリでレンタルバイクを借りるときの料金相場は125ccのバイクで1日あたり300〜600円ほどです。観光客が多く訪れるところでは1日1,000円と提示してくるところもありますが、それはぼったくりなので他を探すようにしましょう。ヘルメット貸し出しは無料のところが多いですが、追加料金を取られることもあります。支払う前に料金に何が含まれているか確認してから決めるようにしてください。

レンタルバイクを借りる際に必要なもの

レンタルバイクを借りる際はパスポート(コピー)、運転免許証が必要です。レンタカーと同じく国際免許証だけでも借りることができ、警察の検問も問題なく抜けられたという例も多く上がっていますが、無免許運転とみなされ事故の際の保険はおりません。旅行者の運転免許についてはよく制度が変更されているので、渡航前に必ず最新情報をチェックしてください。

レンタルバイク利用時の注意点

 

レンタルバイクを借りるときはバイクの車検証であるエステンカー(STNK)があるか確認してください。エステンカーがない場合は事故を起こしたときなどによりややこしくなり、罰金なども膨大に。さらに、盗んだバイクなのではないかと疑われることもあります。レンタルバイクを利用しようと考えている場合も事前に口コミを調べてどこで借りるのか決めておいた方がいいです。

バリ島のレンタルサイクル事情

買い物やカフェ巡りなどであまり広い範囲を移動しない場合やサイクリングが好きな方はレンタルサイクルを利用するという選択肢もあります。キンタマーニ高原からウブドに下るコースはツアーでも人気が高いのでモデルコースとして参考にするのもいいですね。

レンタルサイクル相場

レンタルサイクルの料金相場は1日200〜400円ほどです。ママチャリのような自転車が安いですが、バリの道は段差や坂道が多いので少し料金が上がっても走りやすいマウンテンバイクを選ぶことをおすすめします。レンタルバイクとあまり料金が変わらないと思うかもしれませんが、免許の心配をすることがないのは大きなポイントです。

レンタルサイクルを借りる際に必要なもの

レンタルサイクルを借りるときは特に必要なものはありませんが、申し込みの際にパスポート番号滞在先ホテルの住所などを記入することがあるのでメモしていくと便利です。自転車を漕いでいる時はひったくりにも注意しないといけないので貴重品を入れるウエストポーチなどもあるとより安全にサイクリングを楽しめます。

レンタルサイクル利用時の注意点 

 

バリの交通事情はあまりよくなく、車とたくさんのバイクが道を奪い合いながら進んでいくごちゃごちゃとした通りも多いです。そのような通りを進むときは突然端に移動してくるバイクにも歩行者にも十分注意が必要。日中はかなり暑くなるので熱中症にならないよう休憩や水分補給も忘れないようにしてください。段差や坂道も多く、近い距離に見えてもとても疲れるということが多いです。体力に自信がない方は別の交通手段にすることをおすすめします。

バリ島カーチャーターやレンタカー・バイクまとめ

バリ島のカーチャーターや乗り物のレンタルについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?レンタカーやレンタルバイクについては国際免許証があれば借りることができますが、正式には違反となることもあるので必ず最新情報をチェックする必要があります。カーチャーターは免許の心配もなく、安全・快適に利用できるのでとくに希望がなければカーチャーターがおすすめです。安全で楽しい思い出になるよう慎重に移動手段を選んでくださいね。

▼バリ島カーチャーターのおすすめツアーはこちら!

RECOMMEND おすすめの記事