観光情報

バリ島の寺院巡りでパワーチャージ!壮大な自然と文化を体験できる寺院をご紹介

神の宿る島としても知られるバリ島で欠かせないのが寺院巡りです!

バリの寺院は、それぞれが見どころ満載でユニークな特徴を持つ寺院ばかり。

ここでは数多くあるバリの寺院の中でも、ぜひおすすめしたい寺院と、その情報、見学の際の注意点についてまとめてみました。

 バリ島の寺院ってどんな感じ?

バリ島にはバリヒンドゥー教の寺院が、数多く存在しています。

中でも、創造の神ブラフマーを祀っている寺院、最高神ヴィシュヌを祀っている寺院、破壊神しシヴァを祀っている寺院の3種類は各村に必ずあります。

他にも、海や山、商売繁盛など様々な寺院があり、バリの人々にとって、バリヒンドゥー教がとても身近な存在であることが分かります。

このようにバリ島内に点在している寺院ですが、新月・満月やお祭りの日を除くと閉まっていることが多くあります

ここでは、観光客も見学しやすい寺院を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

これでOK!! バリ島寺院巡りのポイント

バリに着いたら、まずは観光案内所で地図を手に入れましょう。

行きたい寺院が決まったら、あとは実際に出発するだけ!

ここでは、バリ島で寺院巡りをする際のポイントをご紹介します。

これさえ押さえておけば、大丈夫!!見学の際の服装やマナーなどをご紹介します。

交通手段はどうする?

短い時間の中でも寺院巡りを楽しみたいという方におすすめしたいのがカーチャーター

カーチャーターでは時間制で運転手付きレンタカーを利用できるので、いくつかの寺院を観光したいという人にぴったりの交通手段です。

中にはガイド付きのカーチャーターもあり、車の大きさも人数に合わせて選ぶことができます。

また、帰りのタクシーを探したり、呼んで待つ時間が必要なく、より時間を有効に使うことができます。

お値段重視の方には、バスがおすすめ!

日本語のパンフレットやウェブサイトを準備している運行会社もあり、観光客でも利用しやすくなっています。

のんびり時間をかけて寺院巡りをしたい人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

服装はこれ!

参拝の際は、基本的には正装が義務付けられています。

しかし、観光客の場合は、サロン(腰にまく布)とスレンダン(腰ひも)だけでOK

大きな寺院では、入り口で貸し出してくれることが多く、手ぶらで向かっても心配はいりません。

色々な寺院巡りを考えている人は、旅の記念に気に入った柄のものを購入してみてはいかがでしょうか。

ルールやマナーを知ろう!

基本的には生理中の女性・親族が亡くなったばかりの方・飲酒後の方・出産をして日が浅い方は入場することができません

もちろん、生理中かどうかのチェックなどが行われるわけではありませんが、ルールとしては頭に入れておくとよいでしょう。

他にも、写真撮影が可能な場所でも、フラッシュの光がお祈りの邪魔になることもあるので気をつけましょう。

寺院はもちろん信者のためのお祈りの場所であり、神聖な場所です。

観光させていただいているという気持ちを忘れずに、マナーを守って見学したいですね。

 バリ寺院巡りおすすめ①ウルワツ寺院 

バドゥン半島南西部の崖の上にそびえ立っているウルワツ寺院。

サンセットスポットとしても、ケチャックダンスの鑑賞でも有名なぜひ訪れて起きたい定番スポットです!

ウルワツ寺院とは

約70mの断崖に立つ姿が神秘的なウルワツ寺院は、海の精霊ブタラ・ダラム・ベジを祀っています。

内部には信者のみしか立ち入ることができませんが、寺院周辺やケチャダンス などは観光客も見学することができます。

ウルワツ寺院の見どころ ケチャダンス !

ウルワツ寺院の見どころは、迫力満点のケチャダンスです。

毎日18時から1時間ほど行われるケチャダンス は、バリ三代舞踊の一つにも数えられるダンスです。

炎を囲んで、上半身裸の男性たちが「チャ・チャ・チャ」と高速で奏でる様子はまさに圧巻。

内容も、観光客向けにアレンジされているため、飽きずに楽しむことができます。

チケットは争奪戦になることが多いため、ツアーを利用するのがおすすめです!

ウルワツ寺院の基本情報をご紹介

サロンとスレダンは入り口で貸し出してくれるので心配はいりません。

貸出料は入場料に含まれています!

住所 Pura Luhur Uluwatu, Pecatu, Kabupaten Badung, Bali, Indonesia
入場料 20,000ルピア (ケチャダンスチケット 100,000ルピア)
行き方 クタから1時間半・ウブドから2時間半
営業時間 9:00〜19:00

 

▼ウルワツ寺院でのサンセット&ケチャダンスをお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

世界遺産や、壮大な自然を満喫できる「ウブド」。日本語ガイドとともに専用車で周る大満喫のツアーになっています!

 バリ寺院巡りおすすめ②タナロット寺院

バリ中部の海沿いに位置しているタナロット寺院は、海に浮かぶ神秘的な姿が人気の寺院です。

その姿は、パンフレットなどにも多用され、まさにバリ島を象徴する寺院の一つと言えます!

タナロット寺院とは

海に浮かぶ姿を眺めるのも人気ですが、干潮時には寺院のある岩場まで歩いて渡ることができます。

寺院内部には信者のみしか入ることができませんが、岩の下にある洞窟は観光客も見学することができます。

ここには、聖水が湧くという泉があり、まさに神秘的なパワースポットと言えるでしょう。

ぜひ、干潮時刻を調べて見学に行くことをおすすめします!

タナロット寺院の見どころ 美しいサンセット

タナロット寺院を堪能するには、やはりサンセットの時間がおすすめです。

夕方6時ごろから夕暮れが始まるため、5時ごろには寺院に到着しておきたいですね!

少し離れたところから見る、夕陽に照らされるタナロット寺院の姿も必見です。

タナロット寺院の基本情報をご紹介

岩場まで歩いて渡る際には、濡れた滑りやすい場所を進むため、注意して渡るようにしましょう。

住所 Beraban, Kediri, Tabanan Regency, Bali 82121
入場料 30,000ルピア/大人 15,000ルピア/子供
行き方 クタ・ウブドから1時間半
営業時間 7:00〜19:00

 

▼タナロット寺院でのサンセット&豪華ディナーを日本語ガイド付きでお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

 

 バリ寺院巡りおすすめ③タマン・アユン寺院

バリ島中南部のメングゥイにあるタマン・アユン寺院。

バリでブサキ寺院に次ぐ、2番目に大きな寺院としても知られています。

美しい芝が広がり、観光客だけでなく地元の人にも人気の癒しのスポットとなっています。

タマン・アユン寺院とは

この寺院は、17世紀にバリで一番大きな勢力を誇っていたムングウィ王国という国の寺院として建立されました。

境内は、信者のみしか立ち入ることができませんが、周りの遊歩道から観光客も敷地内を見学することができます。

タマン・アユン寺院の見どころ メル

ここでは、メルと呼ばれる多重塔が立ち並ぶ様子を見ることができます。

メルが10基も並ぶ姿は、圧巻!

タマンアユンという言葉は「美しい庭」という意味を持っていますが、その名の通り庭園のような緑と水が豊かな姿に心癒されます。

タマン・アユン寺院の基本情報をご紹介

入り口にて、サロンの貸し出しがあります。

タンクトップなどの露出の多い服装は避けてください。

住所 Jl. Ayodya No.10, Mengwi, Kabupaten Badung, Bali 80351,
入場料 15,000ルピア
行き方 クタから1時間・ウブドから30分
営業時間 09:00~18:00

 

タマン・アユン寺院&豪華ディナーを日本語ガイド付きでお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

 

 バリ寺院巡りおすすめ④ブサキ寺院

バリ島の聖なる山アグン山の中腹にあるブサキ寺院。

バリヒンドゥー教の総本山として知られ、30以上の寺院が集まっています。

アグン山の持つパワーと神聖な空気を、ぜひ肌で感じてみてはいかがでしょうか。

ブサキ寺院とは

シヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマナの三大神が祀られているこの寺院では、度々祭り事や儀式が行われています。

寺院内には信者のみしか立ち入ることができませんが、熱心に参拝する信者の様子が伺えます。

ブサキ寺院の見どころ 美しい景観

ブサキ寺院は、山の高台に位置しており、そこからはバリ東部エリアを一望できます。

すぐ近くに感じるアグン山の様子も、圧巻です。

また、山の斜面に沿ってメルが均一な間隔で建ち並ぶ様子も大変美しいものとなっています。

ブサキ寺院の基本情報をご紹介

 

専門のガイドとの入場が義務付けられています。

料金のトラブルも多く発生しているので、事前に価格交渉やお供え物についての確認をしっかり行うようにしましょう。

住所 Besakih, Rendang, Karangasem Regency, Bali 80863
入場料 大人35,000ルピア 子ども 17,500ルピア
行き方 クタから1時間・ウブドから1時間
営業時間 8:00~17:00

 バリ島寺院巡りおすすめ⑤ランプヤン寺院

バリ北東部のランプヤン山の麓から頂上にかけてあるランプヤン寺院。

バリ島のバランスを守る、天空の寺院とも呼ばれています。

壮大なバリの自然と文化を体験できる強力なパワースポットです。

ランプヤン寺院とは

ランプとは「光」の意味で、光の寺院とも呼ばれています。

麓から頂上にかけて8つの寺院がありますが、頂上までの道のりは険しく体力勝負となっています。

ヒンドゥー教がバリに伝えられる前から、バリの人々に大切にされてきた神聖な場所です。

ランプヤン寺院の見どころ 割れ門から見えるアグン山

8つあるランプヤン寺院の中でも、比較的ふもとに位置しているプナタラン・アグン寺院

ここの割れ門からはアグン山を正面に見ることができ、神秘的です。

その美しい様子から、最近では写真映えのスポットとしても大人気

行列ができてしまうこともあるため、早い時間に行くことをおすすめします。

マナーを守って、ぜひ迫力満点の1枚をカメラに収めてみてはいかがでしょうか。

ランプヤン寺院の基本情報をご紹介

サロンの貸し出しがあります。

頂上まで行く場合は、険しい山道を登ることになるため、履き慣れた靴で参拝しましょう。

飲み物も持参しておくと安心です!

住所 On top of Mt. Lempuyang, Abang,
入場料 お布施として
行き方 クタから2時間・ウブドから2時間半
営業時間 7:00〜17:00

 バリ島寺院巡りで、バリのパワーをいただく

 

今回は、バリ島の寺院巡りについてご紹介しました。

どの寺院も個性的で、バリヒンドゥー教の文化や、壮大な自然を体験できるスポットとなっています。

きっと疲れた心や体を、不思議な力で癒してくれることでしょう。

▼ウルワツ寺院でのサンセット&ケチャダンスをお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

世界遺産や、壮大な自然を満喫できる「ウブド」。日本語ガイドとともに専用車で周る大満喫のツアーになっています!