観光情報

芸術の村ウブドのおすすめ美術館5選!絵画購入のお役立ち情報も合わせてチェック

バリ島のウブドは、寺院やケチャックダンス、モンキーフォレストなどが有名な人気観光地です。そんなウブドは芸術文化の発信地としても知られています。そこで今回は、ウブドの芸術の魅力おすすめの美術館情報を厳選してご紹介!ぜひ旅行計画の参考にしてください。

ウブドの芸術の魅力について

伝統を大切にしつつ、現代アートの手法も積極的に取り入れているウブドの芸術作品は、独特の世界観があり引き込まれるものが多いです。自然に囲まれたウブドを散策しているとなぜアーティストたちがここへ集まってきたのかわかる気がします。まずはウブド芸術の魅力や芸術の村と呼ばれるようになった背景などをみていきましょう。

ウブドが芸術の村となった背景

自然が豊かで神々が宿る島としても有名なバリ島には、世界中からアーティストが集まり、バリで感じるインスピレーションを元に様々なスタイルの絵画を生み出してきました。バリ島のなかでもウブドは都会の喧騒から逃れ、五感を研ぎ澄ましてアート活動に取り組めるとして多くのアーティストをとりこに。

絵画だけでなく、ケチャをはじめとする伝統舞踊も受け継がれており、芸術の村として広く知られるようになりました。街を歩くとアートギャラリーやアーティスト、伝統舞踊の練習をする踊り子などを見かけることも多いです。

ウブドの芸術の特徴

緑に囲まれたウブドでは、豊かな自然をモチーフにした作品や昔ながらの生活を描いた作品が多いのが特徴です。伝統衣装を身にまとった人々が描かれた作品も印象的で、この地の生活の様子や伝統を重んじる国民性を知ることができます。

絵画以外には木彫りや石像などの彫刻作品も有名なので、美術館の庭園や屋外にある彫刻などもぜひみてほしいです。手先が器用なバリの人々の技術力の高さや繊細なデザインに圧倒されます。ウブドで展示されている芸術作品は購入できるものも多いのでお土産に買って帰るのもおすすめです。

▼バリ島ウブドを満喫できるおすすめツアーはこちら!

ウブドおすすめ美術館①ネカ美術館

ウブドにある美術館のなかでも有名な作品を多く展示しているのが「ネカ美術館」です。1976年に開館し、現在は芸術活動奉仕団体のダルマ・スニ財団によって運営されています。

ネカ美術館には6つのテーマに分けられた展示室があり、中庭の休憩所を囲むようにいくつかの建物が並んでいます。絵画の展示だけでなくインドネシアの伝統建築などもお楽しみください。

ネカ美術館の見どころ

ネカ美術館の魅力は、バリの様々なスタイルの絵画、オランダ人画家によりバリ絵画、写真などバリに関する絵や写真が豊富に展示されているところです。それらがテーマや時代ごとに分けられているのでバリアートの特徴や変遷なども知ることができます。

ネカ美術館の数ある作品のなかでも必見なのが「惹かれ合う心」です。これは、アブドゥル・アジズ氏が別々に描いた男女の絵をネカが並べて展示したもの。実際見てみると本当に2人が惹かれあっているように見えてきます。その他、『マハーバーラタ物語』のクライマックスシーンを描いた「アビマニュの死」などヒンドゥー教に関する壮大な絵画も見ておきたいところです。

ネカ美術館の基本情報

ネカ美術館はサンギンガン通りの「サレン・アグン宮殿」からラヤ・ウブド通りを西に進んだところ、ウブド中心部からは車で約10分ほどのところにあります。少し時間はかかりますが、田園風景を眺めながら徒歩で行くことも可能です。観光や買い物の前後に時間を見つけて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。6館全てをじっくりみると時間がかかるので時間がない方は見たい作品がある展示室をチェックして行くといいですよ。

英名 NEKA ART MUSEUM
住所 Raya Campuhan St. Kedewatan Village, Ubud Gianyar 80571
営業時間
月〜土9:00~17:00、日12:00〜17:00
入館料 Rp.75,000 12歳以下は無料
URL http://www.museumneka.com/

ウブドおすすめ美術館②アルマ美術館

アルマ美術館」はバリの芸術を紹介する複合施設「アルマミュージアム&リゾート」内にあります。美術館以外にはホテル、レストラン、カフェなども併設しているので楽しみ方も様々。

ウブド在住の絵画コレクターであり、美術館のオーナーであるアグン・ライ氏がバリ絵画が海外へ流失するのを阻止するため、絵画を買い戻してコレクションを展示したのがアルマ美術館のはじまりです。昔のものから現代のものまでバリ絵画や彫刻などが幅広く展示されており、ウブドで一番の所蔵数を誇ります。

アルマ美術館の見どころ

アルマ美術館では広い展示室をうまく利用して迫力のある大きな絵画もいくつか展示されています。バリの田園風景や日常の様子が描かれた巨大な作品をみていると絵の中の世界に吸い込まれるような不思議な気分にも。

絵画スタイルのジャンルも豊富で、細密画やウブド芸術ルネッサンス期の西洋美術と融合した作品などどれも見応えがあります。緑あふれる美しい庭園もアルマ美術館の魅力です。庭園内にある東屋ではアーティストが制作活動をしている光景も見られますよ。

アルマ美術館の基本情報

アルマ美術館は、ウブドの人気観光スポットであるモンキーフォレストから徒歩20分のところにあります。カーチャーターなどを利用する場合は一緒にプランを組むといいでしょう。入場料にはカフェでのコーヒー代金も含まれているので、絵画を見た後に休憩がてらコーヒーをいただくのもお忘れなく。

英名 ARMA Museum
住所 Jalan Raya Pengosekan Ubud, Bali Indonesia
営業時間
 9:00~18:00
入館料 大人Rp.80,000、子供40,000 ※ドリンク1杯付
URL http://www.armabali.com/museum/

ウブドおすすめ美術館③プリ・ルキサン美術館

ウブドで最も歴史が長い美術館が「プリ・ルキサン美術館」です。ウブドの王宮の関係者が中心となって創設したもので、1930年代から現代までの絵画が年代ごとに展示されています。王宮から歩いて行くことができるので一緒に楽しむといいでしょう。

展示室は3つだけで大きすぎず程よい規模の美術館なので、あまり時間がない方や観光の合間でも気軽にお立ち寄りください。敷地内は落ち着いた雰囲気で、池のある庭園の風景にも癒されますよ。

プリ・ルキサン美術館の見どころ

プリ・ルキサン美術館では、古典絵画から現代絵画まで貴重なバリ絵画が展示されています。バリの伝統的な細密画や彫刻など、一つひとつじっくり見ておきたいものばかり。バリの風景や伝統衣装を着た人々の絵画が多く、バリの魅力を改めて知ることができます。

観光客がそれほど多くないので、ゆっくりと見て回ることができるのも嬉しいポイントです。館内展示の他、入り口の立派な門蓮が咲く池のある庭園も見どころです。屋外はもちろん、写真撮影可能な展示室もあるのでカメラも持っていくといいでしょう。カフェも併設されているので、入場券を利用してコーヒーを無料でいただいて帰ってくださいね。

プリ・ルキサン美術館の基本情報

プリ・ルキサン美術館へはサレン・アグン宮殿(Puri Saren Agung)から徒歩5分でアクセスできます。作品のなかには販売されているものもあるので、購入したいものを見つけた場合はスタッフに訪ねてみてください。

英名 Museum Puri Lukisan
住所 Jl. Raya Ubud P.O.Box 215, Ubud, Bali
営業時間
9:00~17:00
入館料 Rp.75,000 10歳以下無料 ※ドリンク1杯付
URL http://museumpurilukisan.com/

ウブドおすすめ美術館④ザ・ブランコ・ルネッサンス美術館

ウブドの街の高台にある「ザ・ブランコ・ルネッサンス」は、芸術家アントニオ・ブランコ氏のアトリエを利用した美術館です。建物はヨーロッパルネッサンス調で、ウブドの他の美術館とは少し違った雰囲気。

館内にはバリ島のダリを自称していたブランコ氏らしい個性的な絵画が展示されています。美術館からは自然に囲まれた緑いっぱいの風景を見渡すこともできます。

ザ・ブランコ・ルネッサンス美術館の見どころ

ザ・ブランコ・ルネッサンスの見どころは、ブランコ氏のアトリエとして使われていたという大邸宅とそれを囲む美しい庭園です。門をくぐるとヨーロッパルネッサンス調の建物が現れ、外観も内装もヨーロッパの美術館のような雰囲気があります。広々とした庭園内には南国の鳥たちがいて、足を止めてゆっくり観察している人も。

ブランコ氏の作品を見ていると絵画だけでなく、額縁にもこだわりがあると感じます。額縁を含めた作品全体から作品への情熱がうかがえることでしょう。コラージュなどを使った現代美術作品もまた違った面白さがあります。

ザ・ブランコ・ルネッサンス美術館の基本情報

ザ・ブランコ・ルネッサンス美術館は、ウブド王宮から西へ1kmほどチャンプアン方向に進み橋を渡って、左の坂を上がった丘の上にあります。少し距離があるので、子連れの方や年配の方はタクシーを利用した方がいいでしょう。入場料にはウェルカムドリンクが含まれています

英名 The Blanco Renaissance Museum
住所 Campuan, Ubud Bali-Indonesia
営業時間
9:00~17:00
入場料 Rp.100,000 ※ドリンク1杯付

ウブドおすすめ美術館⑤ビダダリ・アート・ギャラリー 

木彫りの作品に興味がある方におすすめなのが「ビダダリ・アート・ギャラリー」です。ウブドのマス村を伝統工芸である木彫り作品を多数展示しており、細部まで丁寧にデザイン、彫刻された作品は多くの人々を魅了。

彫刻技術の高さが広まり、日本のお寺から依頼を受けることも多く、仏壇や柱の彫刻などの製作にも取り組んでいます。近年は彫刻作品以外にも絵画をはじめとした芸術作品の収集も行っているそうです。

ビダダリ・アート・ギャラリーの見どころ

ビダダリ・アート・ギャラリーには伝統的な木彫りの置物から近代的なものまで数多くの木の芸術作品が展示されています。宗教に関係した仏像などの作品が多く、なめらかな曲線美で目を引くものが目白押しです。

絵画では、優しい色合いの細密画や花や木など自然を描いたものが並び、見ていると癒されるような気がします。販売されている作品もあるので木彫りの置物などを購入したいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

ビダダリ・アート・ギャラリーの基本情報

ビダダリ・アート・ギャラリーは観光の中心地からは少しアクセスしにくいのでタクシーやカーチャーターを利用して行くのがおすすめです。アートギャラリーの隣にあるレストランでは、バリらしい自然いっぱいの空間で美味しいバリ料理が楽しめます。

英名 BIDADARI art gallery
住所 Jl. Pamelisan AgungJimbaran, Indonesia
営業時間
9:00~17:00
入場料
URL http://www.bidadariart.com/new/

 

ウブドでの絵画購入について

芸術の街ウブドでバリ絵画を購入したいと考えている方も多いでしょう。海外で絵画の購入となると相場がどれくらいなのか、どこで販売されているのかなど気になるところです。ここではウブドの絵画の相場や購入方法などを簡単にご紹介します。

ウブドの絵画の相場

ウブドでは絵画を販売している場所がアートギャラリーや美術館、マーケットなど様々です。マーケットでお得に探すのもいいですが、できればアトリエやアートギャラリーで有名な画家の作品を購入するのがおすすめです。もし気に入ったものがなければ他のところをみて、これだ!と思える作品を見つけましょう。

アートギャラリーで販売されている大きめの絵画(50インチ液晶テレビくらい)で約3万円ほどで購入できることが多いです。最初は6万円くらいで提示されますが、交渉してみてくださいね。3万円ほどでキャンバスに描いた直筆の絵画が購入できるのはリーズナブルといえるでしょう。

もし買いたい絵画が有名な画家やアートギャラリーの先生の作品であれば10万円を超えることもあります。世界に一枚しかない絵画も多いので気に入ったものがあれば自分への貴重なお土産にするのもいいかもしれませんね。

ウブドの絵画購入方法

アートギャラリーなどで買いたい作品を見つけたら、お店の人に値段を聞きます。最初の提示価格から値引き交渉ができることも多いので、高いと思った場合はぜひ交渉してみてください。ガイドと一緒の場合は、ガイドの方にお願いするとよりスムーズに交渉が進みますよ。

場所によってはオーダーメイドが可能な場合もあるので、名前や日付などを入れてもらって世界に一つだけのお土産にするのもおすすめです。オーダーメイドの場合は即日完成しないこともあるので、受け取り日を確認して交渉するようにしましょう。

ウブドで絵画を購入する際の注意点

絵画や彫刻作品などを購入する場合はどのようにして持ち帰るのか考えるようにしてください。スーツケースに入れるのか、手荷物として機内に持ち込むのかを考え、梱包方法に注意する必要があります。航空会社の荷物のサイズ規定をよく確認して、いざチェックインの際に大きすぎて持ち帰れなかったということがないようにしましょう。

スーツケースに入れる場合は、大きな衝撃を受けても大丈夫なよう緩衝材や衣服などでしっかりと包むようにしてください。あまり丁寧に梱包してくれないところもあるので、日本から梱包材やその代わりになるようなものを持って行くといいですよ。

ウブド美術館まとめ

ウブドの美術館についてご紹介してきましたが、行きたいところはみつかりましたか?ウブドの人気観光地からあまり離れていない美術館も多いので、短い滞在期間でも観光計画に組み込んで美術館巡りもお楽しみください。アート鑑賞のあとは伝統芸能のケチャックダンスやバリ舞踊なども観て帰れるといいですね。

 

▼バリ島ウブドを満喫できるおすすめツアーはこちら!