ウブド観光
観光情報

バリ島の人気観光地・ウブドの見どころ8選!ウブド観光のおすすめツアーやお役立ち情報も♪

バリ島というと海やビーチのイメージがありますが、ウブドは山間部にある緑豊かな「山のリゾート」です。バリ島の農民によって1000年以上も維持されてきた田園風景や、2012年に世界遺産に登録された絶景スポットなど、バリ島の豊かな自然を満喫できるのがウブドの魅力。

そんなバリ島の人気観光地・ウブドのおすすめ観光スポットを8つご案内します♪

ウブド観光の見どころ

ウブド観光

ウブド観光に興味のあるあなたへ、絶対に外せないおすすめスポットを8つ選んでみました。場所や行き方も合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウブド観光おすすめ①ライステラス

ウブド観光

ブログやインスタで大人気なのが、急傾斜の上に巧みにつくられたライステラス(棚田)のある「テガララン」です。見晴らしのよい場所にはお洒落なカフェやレストランが建ち並び、ライステラスを一望しながら優雅にランチやコーヒーを楽しめます。

テガラランはウブドから約15キロメートルほど北上した場所にあります。テガラランまではほとんど一本道ですが、徒歩で移動するのは困難です。行き方はウブドの町でバイクをレンタルするか、現地ツアーやカーチャーターを利用するのがおすすめです。

所要時間は車なら約10分~20分バイクなら約30分ほどが目安です。

ウブド観光おすすめ②モンキーフォレスト

ウブド観光

ウブドの南エリア・テガルパダン村にある人気スポットが、「モンキーフォレスト」です。その名のとおり野生の猿を至近距離で見ることができるのが、モンキーフォレストの他にはない特徴。青々としたベンガル菩提樹や、到るところに見かけるバリ・ヒンドゥー教の彫刻など、風光明媚な場所としても有名です。

モンキーフォレストはウブドのマチナカに存在するので、徒歩でもアクセスできますよ。

ウブド観光おすすめ③ティルタウンプル寺院

ウブド観光

バリ・ヒンドゥー教を信仰するティルタウンプル寺院には、インドラ神が創造したという言い伝えがある清らかな泉が存在します。沐浴場も存在するため、厄落としやパワーチャージにも最適なスポットです。寺院に入るにはサロン(腰巻き)が必要になるため、レンタルしておきましょう。あなたもティルタウンブル寺院で沐浴デビューしてみませんか?

ティルタウンブル寺院はウブドの北方にあり、所要時間は車だと一時間ほどです現地ツアーかカーチャーターを利用するのがおすすめです。

ウブド観光おすすめ④ウブド王宮

ウブド王宮

18世紀にウブド地域を支配していたのが、ギャニャール王国。ウブド王宮(サレン・アグン宮殿)は、ギャニャール王国の王たちが代々住み、今でもバリ島の王家の人々が暮らしている場所です。ギャニャール王国は芸術を広く奨励したため、美しい彫刻が施された正門や、伝統的なバリ舞踏を今でも見ることができます。

ウブド王宮はウブドの中央にあります。東西に伸びるウブド大通り(ジャランラヤウブド)と、南北に伸びるスウェタ通りモンキーフォレスト通りが交差する地点です。

ウブド観光おすすめ⑤ネカ美術館

ウブド観光

「芸術の村」ウブドでは、バリの伝統芸術から現代アートまで、とにかく芸術品をたくさん見ることができます。ネカ美術館には個人コレクターのステジャ・ネカ氏の所有するさまざまな絵画が展示されており、バリ芸術の伝統と今を同時に味わい尽くすことができます。世界的にも有名な「惹かれあう心」も鑑賞することができますよ。

ネカ美術館はウブドの中心部から少し離れたところにあり、車だと所要時間は10分ほど。美術館までの行き方は、ウブド王宮からウブド大通りを西へ進みましょう。

ウブド観光おすすめ⑥キンタマーニ高原

ウブド観光

キンタマーニ高原はウブドからアクセスできる標高1500メートル以上の高原です。キンタマーニ高原の見どころはバリ島でも有数の景勝地が存在すること。世界遺産にも登録されたバトゥール湖では、湖との一体感を感じられるシームレスな温泉にも入ることができます。

ウブド観光

また、バリ島で三番目に高いバトゥール山は世界的にも有名なパワースポット。思わずため息がでるほどの絶景は、ブログやインスタに載せるのにぴったり。

キンタマーニ高原はペネロカンに存在し、ウブドエリアからは車で1時間半ほどかかります。公共交通機関は存在しないため、現地ツアーやカーチャーターを利用するのがベターです。

ウブド観光おすすめ⑦ウブド市場

ウブド観光

ウブド市場はウブド王宮の向かい側にある人気のマーケットです。観光客向けのお土産屋が立ち並び、午前10時ごろから賑わいはじめます。地元の住民もよく利用するため、ウブド市場にはハンドメイドのショップが多く、ここでしか手に入れられないアイテムも。

ウブド観光

とくに頑丈なアタでできたアタバッグや、魔除け効果があるとされるガムランボールは、ブログやインスタでも人気のお土産です。

ウブド市場はアクセス抜群のウブド中心部にあるので、ウブド王宮やモンキーフォレストなどと合わせてぜひ立ち寄ってみましょう。

ウブド観光おすすめ⑧サラスワティ寺院

ウブド観光

サラスワティ寺院もウブド中心部のバリ・ヒンドゥー教の寺院です。蓮の花がたくさん浮かんだ大きな池がトレードマークで、「ウォーターパレス」と呼ばれることも。ベストなタイミングはライトアップされる夜の時間帯でしょう。カフェやレストランで食事をしながら、明かりに照らされた美しい舞台でバリ舞踊も見ることができます。

サラスワティ寺院はウブド王宮から徒歩で約5分のところにあるため、アクセス抜群です。街歩きのついでにぜひ立ち寄ってくださいね。

ウブド観光前に予習したい!ウブドが舞台の映画

ウブド観光

ウブドを予習しておくのに最適なのが、映画です。さすが人気観光地のバリ島だけあって、バリ島がロケ地になった映画は意外とたくさんあります。今回はウブドの雰囲気を感じられる映画を2つピックアップしてみました。

「食べて、祈って、恋をして」

ウブド観光

「食べて、祈って、恋をして」は、2010年に公開されたライアン・マーフィー監督のアメリカ映画。夫とのすれ違いや新しい恋の破綻で悩む主人公・エリザベスが、バリ島の自然や人々を通してだんだん自分を見つめなおしていくストーリーが描かれます。

癒やしと再生がテーマの一つであることもあり、ロケの大部分がウブドで行われています。ライステラスモンキーフォレストウブド市場なども登場しますよ。

「神様はバリにいる」

ウブド観光

「神様はバリにいる」は、2015年に公開された堤真一主演の映画。多額の借金に悩む主人公・祥子(尾野真千子)が、アニキ(堤真一)と呼ばれる謎の富豪やバリ島の人々との出会いを通し、自分の人生をポジティブに見つめ直していくストーリーです。

ダジャレ満載の堤真一の演技も注目ですが、バリ島の人々の人生観が鮮やかに描かれているところもポイント。八百万の神様を信仰し、毎日あらゆるものに感謝しているバリ島の人々は、人と人の縁も大切にしています。ロケ地となったウブド市場のシーンも必見です。

ウブド観光の市内移動手段

海外旅行で大事なのが、足(移動手段)をきちんと確保しておくことですよね。ホテルからの行き帰りルートや、その地域で利用できる移動手段を事前に調べておくのは大事なことです。

ウブド観光の場合は車での移動が基本となりますが、3つの移動手段をご紹介します。

徒歩でウブド観光

ウブド観光

ウブドには徒歩で行ける場所もあります。街歩きを楽しむ場合や、市内からアクセスできるスポットへ行く場合、道路もそれなりに整備されているため徒歩でもOK。ウブド市場ウブド王宮モンキーフォレストサラスワティ寺院などが徒歩で行けるおすすめスポットです。

タクシーでウブド観光

ウブド観光

ちょっと遠出をするくらいなら、タクシーも活用しましょう。タクシーはホテルのフロントに呼んでもらうこともできますし、カフェやレストランで店員に呼んでもらうこともできます。ウブドをはじめ、クタ&レギャン、スミニャックなどの人気エリアでは、「ブルーバード」と呼ばれる流しのメーター制タクシーを拾うこともできます。

逆に郊外の観光エリアでは、タクシーを拾うのがかなり難しいので注意です。たとえば、ライステラスやキンタマーニ高原にタクシーで出かける場合、そこで待っていてもらうか、迎えに来てもらう時間を伝えましょう。ただし、待機してもらう場合は別途料金がかかります。

オプショナルツアーやカーチャーターでウブド観光

ウブド観光

ウブドに限らずバリ島は観光スポット間の距離が離れているめ、バリ島を遊び尽くしたいならオプショナルツアーやカーチャーターを利用するのがベターです。たいていの場合はホテルへの往復送迎がつくので、滞在中はほとんど交通手段の心配をする必要がありません。

ツアーやカーチャーターを利用する最大のメリットは、ガイドさんがつくため効率よく観光スポットを回れることです。日本語を話せるガイドさんも多く、知る人ぞ知る現地情報に触れることができます。行きたい場所が決まっている場合はオプショナルツアーがおすすめ。まだプランが決まっていない場合は、カーチャーターを利用してガイドさんに相談してみましょう。

ウブド観光のベストシーズンや服装

ウブド観光

バリ島は赤道付近にあるため、乾季(4月~10月)雨季(11月~3月)が存在します。ウブド観光の際は、快適に過ごせるベストシーズンに気をつけましょう。

「具体的にいつウブドを訪れるのがベストなのか」わかりやすく解説しますね。

ウブド観光で注意したい天候

ウブド観光

バリ島の乾季(4月~10月)は晴れの日が多く、滞在するにはいいシーズンです。それに対して、雨季(11月~3月)はモンスーンに襲われるため、スコールが降ることがあります。とはいえ、雨季でも晴れる日はありますので、滞在に適さないわけではありません。

ウブドは山間部にあるので、バリ島の平地よりもさらに気温が低く降水量が増える傾向にあると考えてください。そのため、日中はより過ごしやすくなりますが、夜間は肌寒く感じることもあります。また、雨季のウブドは降水量がかなり増えるため、雨季に訪れる場合はそれなりの対策が必要になります。

ウブド観光ベストシーズン

ウブド観光

ウブド観光のベストシーズンは、5月~9月の5ヶ月間です。乾季のなかでもとくに晴れの日が多いシーズンとなるため、陽光に照らされたウブドの緑豊かな自然を満喫できます。ライステラスを見学するのにもベストなシーズンです。

ウブド観光おすすめの服装

ウブド観光

基本的には夏の服装で大丈夫です。ただし、山間部のウブドは昼夜の気温差があるため、どのシーズンでも上から羽織る長袖の服は持っていったほうがいいです。室内は冷房がかなりきついため、羽織るものがあるとその点でも便利です。それに加えて乾季の場合は日差し対策を、雨季に訪れる場合は雨対策をきちんとしておきましょう。

ウブド観光まとめ

ウブド観光

ウブドの観光情報をお届けしてきましたが、いかがでしょうか。海やビーチだけではない「自然豊か」「伝統芸術を感じられる」ウブドの魅力を感じてみませんか?

ウブドの魅力を一日で満喫できるおすすめツアーもあるので、ぜひ検討してみてください。

RECOMMEND おすすめの記事