観光情報

バリ島ひとり旅のお役立ち情報まとめ!予算やおすすめスポットなど

インドネシアの人気観光地バリ島は毎年多くの日本人観光客が訪れる常夏の楽園。美しいビーチはもちろん、寺院や遺跡、ライステラスなど魅力的な観光スポットも目白押しです。今回はそんなバリ島へひとり旅をしようと考えている方へおすすめ情報をまとめてご紹介します。

バリ島ひとり旅の予算

旅行計画でまず気になるのがトータルでどのくらいお金がかかるということですね。バリ旅行に必要な予算をいくつかの項目に分けてご紹介します。より詳しい内容はひとり旅体験者のブログなどを見て、参考にするといいですよ。以下の表では貧乏旅行ではなく、程々に贅沢しバリの魅力を満喫できる旅行を想定しています。

航空券 50,000〜100,000円 航空会社、時期によって大きく変動
ホテル 10,000〜15,000円 4スター以上の便利なホテルがおすすめ
食事 1食1,000〜3,000円 ローカル食堂は安いがバーなどは高め
アクティビティ 1回5,000〜15,000円 現地発オプショナルツアーを活用
入場料 1スポット500円ほど 入場料がいらない観光スポットもあり
お土産 5,000円 ばらまき用はスーパーでお得にゲット

 

インドネシアは物価が安いというイメージがある方も多いかもしれませんが、外国人観光客が多く訪れるバリでは、意外と物価が高いと感じることが多いです。ローカル食堂や屋台などでは食費を抑えることができますが、滞在中一度は絶景レストランや人気のバーで贅沢な食事を楽しむのもおすすめ。男性の学生旅行ではリーズナブルなホステルに泊まる方もいるでしょう。ただ、女性の一人旅の場合は安全で快適な滞在にするためにも4つ星以上のホテルやリゾートヴィラを選ぶといいですよ。

ヨガやヴィラでのスパ、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツなどを楽しみたい方はオプショナルツアーもチェックして希望に合ったものをみつけましょう。ホテル送迎付きのツアーがおすすめです。

バリ島ひとり旅の安全性

バリ島で多くの観光客が集まるビーチ沿いやナイトマーケットなどは夜でも賑わっていて、あまり危険を感じることはありません。ただし、バーなどで楽しんで深夜にホテルに戻る際は男性でも女性でも一人歩きは危険なので、少しの距離でもタクシーを利用して移動することをおすすめします。

田舎の方は街灯も少なく日が暮れると真っ暗になることも多いです。道に迷うこともあるので、用がない限り人気のない路地裏舗装されていない田舎道などにはいかないようにしてください。

バリ島ひとり旅でおすすめの観光スポット

バリ島にはひとり旅でも楽しめる遺跡や絶景スポットなど魅力的なスポットが目白押しです。ここでは数ある観光スポットのなかでも社会人女性の一人旅や学生旅行・卒業旅行などに人気のスポットを厳選してご紹介します。絶景を満喫し、SNS映えする写真の撮影もお楽しみください。

女子旅におすすめ①ゴア・ガジャ

ゴア・ガジャは、バリ島観光の定番であるウブドから車で15分ほどでアクセスできる人気スポットです。1923年に発見された遺跡とされていますが、その起源などは明らかにされておらず、現在も謎が多いミステリアスな遺跡としても知られています。

見どころは大きな口を開けた顔が印象的な洞窟です。口の部分から洞窟内に入ることができ、中にはヒンドゥー教の三大神のモチーフとガネーシャの像が祀られています。パワースポットとしても有名なので、神聖な空気を感じパワーをもらってきてください。

<ゴア・ガジャの基本情報>

英名 Goa Gajah
住所 Goa Gajah, Ubud, Bali, Indonesia
料金 15,000ルピア
行き方 ウブドのサレン・アグン宮殿から車で約15分

女子旅におすすめ②ウルワツ寺院

寺院と絶景を同時に楽しむことができるのがウルワツ寺院です。海を眺める断崖絶壁の上にあるウルワツ寺院は独特の存在感で、美しい景観をつくりだしています。夕日鑑賞スポットとしても有名です。

また、夕日をバッグにして行われるケチャックダンスも必見。多くの男たちが円になって掛け声を出しながら踊る様子は圧巻で、会場は多いに盛り上がります。満席になることも多くチケットの列に並ばなければならないので、オプショナルツアーを利用して寺院見学とケチャックダンス鑑賞をスムーズに楽しむのがおすすめです。

<ウルワツ寺院の基本情報>

英名 Uluwatu Temple
住所 Pecatu Village Badung Bali, Uluwatu
料金 大人:30,000ルピア、子供:20,000ルピア
行き方 空港(Ngurah Rai Airport)から車で45分

女子旅におすすめ③ライステラス

バリ島にはいくつか有名なライステラスがあります。段差とカーブがつくりだす景観は息をのむ美しさで、ついつい長時間見入ってしまうという人も多いです。観光客に人気が高いのが「テガララン・ライステラス」と「ジャティルイ・ライステラス」。

どちらもライステラスを眺めながら食事ができるレストランやカフェもあるので、絶景と食事を同時に満喫するのもおすすめです。卒業旅行などでは日程を変更するのが難しいかもしれませんが、できれば稲刈り前の時期に合わせて旅行するとより美しい景色を楽しめますよ。

▼ゴア・ガジャ遺跡やライステラス、ケチャックダンスを満喫できるおすすめのツアーはこちら!

バリ島ひとり旅何する?〜女性編〜

バリ島ひとり旅では観光スポット巡り以外にも様々な楽しみ方ができます。ここでは女性におすすめの過ごし方をご紹介!1日は観光をせずにゆっくり疲れを癒すのもいいかもしれませんね。

ヨガ体験

バリ島には初心者でも気軽にヨガを体験できるヨガスタジオが点在しています。ヨガはひとりで参加している女性も多いので、レッスンが一緒になった人と仲良くなるという嬉しい出会いも。バリらしく自然に囲まれた中でマイナスイオンを浴びながらヨガを楽しめるところも多いです。身も心も癒されましょう。

<自然も満喫できるおすすめヨガスポット>

英名 The Royal Pita Maha
住所 Desa Kedewatan PO Box 198, Ubud
アクセス グヌン ルバ寺院から10分
URL http://www.royalpitamaha.jp/

スパ

バリ島に旅をした方のブログをみると、スパで贅沢な時間を過ごしたという方が多いです。バリでは1時間1,000円〜気軽に体験できる街スパもあり、予算に限りがある学生の卒業旅行などでもバリで初めてのスパ体験を楽しむという人も。予算に余裕がある場合は、ヴィラスタイルや高級ホテルのスパで贅沢をするのもいいですね。

頭から足までトータルでケアしてもらえる長時間コースもあるので、半日時間をとってスパを大満喫してはいかがでしょうか。普段頑張っている自分へのご褒美にぴったりですよ。

ショッピング

バリ島女子旅アタ

バリ島にはカラフルな雑貨おしゃれなアクセサリー・バッグなど女性に人気の商品を販売しているお店がたくさんあります。マーケットではお土産にぴったりの小物も目白押しです。観光の合間に気になるお店を見つけたらショッピングもお楽しみください。ご当地マグネットやマグカップなど形に残るものを自分へのお土産にして旅の思い出にするのもおすすめです。

バリ島ひとり旅何する?〜男性編〜

男性のひとり旅では、様々なアクティビティに挑戦してアクティブに過ごすという方が多いです。動きやすい格好をして元気に出かけましょう!

世界遺産巡り

バリ島にはジャティルイのライステラスタマン・アユン寺院など世界遺産に登録されているスポットもあります。少しアクセスしにくいところもありますが、現地ツアーやカーチャーターなどを活用して世界遺産巡りを楽しんではいかがでしょうか。ジャワ島にある有名な世界遺産ボロブドゥール遺跡へも日帰りでアクセスすることができます。

マリンスポーツ

バリで外せないアクティビティといえばダイビングやシュノーケリング、サーフィンなどのマリンスポーツです。バリには年間を通してサーフィンを楽しめるビーチやマンボウやマンタなどとの出会いが期待できるダイビングスポットなどが目白押しで、世界中からサーファーやダイバーが集まります。経験がない方もツアーなどで体験ダイビングシュノーケリングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

離島まで足をのばす

バリ島から日帰りでアクセスできる離島に行くのもおすすめです。バリ島のお隣のレンボンガン島ではサンゴ礁が広がる美しい海の他、マングローブの森などバリ島とは少し違った楽しみ方もできます。人が少ない穴場に出かけてのんびりとビーチや島内散策を楽しむのもいいでしょう。学生旅行の場合は長期の休みを利用して1島1泊で離島巡りをするのも楽しいかもしれませんね。

バリ島ひとり旅おすすめの持ち物

ここではバリ旅行で持っておくと便利なものをいくつかご紹介します。あまりかさばるものではないので、日本で購入して持っていくといいでしょう。

ポケットWifi

バリ島ではホテルなどで無料のWifiが使えるところも多いですが、速度が遅いことも。観光中などに何かを検索したり、SNSを更新したりする場合にもポケットWifiがあると便利です。現地で調達するよりも、日本で事前にレンタルしていき帰国後空港で返却するサービスを利用するといいでしょう。

レンタルWifiを利用するとSIM変更などをすることなくすぐにスマホでネットを利用できます。いくつかの会社がレンタルWifiのサービスを提供しているので、ブログなどで口コミをチェックしたり料金を比較したりしてお得で使いやすいものを選びましょう。

タオル

バリ島観光中はビーチに行ったり、プールに入ったりすることもあるでしょう。ホテルなどではタオルが用意されていますが、観光スポットである寺院などでも沐浴などで濡れることもあります。暑い国なので汗をかくことも。観光に出かけるときのバッグにひとつタオルを入れておくと何かと便利です。

ウェットティッシュ

バリ島での楽しみのひとつに食べ歩きもあります。屋台やローカル食堂などでは食事の前後に手を洗うことができないことも多いので、ウェットテイッシュがあると便利です。物価が安いので現地で調達しよう、と思う方もいるかもしれませんが、ウェットティッシュは100円均一などで除菌ができるものなど質の良いものもあるので日本で購入していくことをおすすめします。衛生面の問題で自分を危険に晒さないようできることは対策しましょう。

バリ島ひとり旅まとめ

バリ島ひとり旅に関する情報をご紹介してきましたが、お役に立てたでしょうか。見どころもたくさんで過ごし方の選択肢も豊富なバリ島では、事前にしっかりと計画を立てて魅力を余すことなく満喫してきてくださいね。

▼バリを満喫できるおすすめのツアーはこちら!

RECOMMEND おすすめの記事