バリ島女子旅レンボンガン島
観光情報

バリ島観光はこれで決まり!定番から穴場までおすすめスポット情報まとめ

バリ島旅行を計画していると行きたいところ・やりたいことがたくさんありすぎて、なかなか決まらないという方も多いのではないでしょうか。そんな見どころいっぱいのバリのなかでもおすすめのスポットを厳選してご紹介します。それぞれの魅力をチェックして少しずつ行き先を決めていきましょう!

バリ島観光の見どころ

バリ島では子供から大人まで、のんびり派からアクティブ派まで様々な人を魅了する見どころが目白押しです。美しいビーチ壮大なライステラス、素敵なもの美味しいものが集まる繁華街など自分の好みに合わせてバリの魅力を大満喫できる観光計画を立てましょう。これからご紹介するおすすめスポットなどの情報をぜひ参考にしてください。

バリ島観光おすすめスポット①ライステラス

バリに観光に来る多くの人が訪れる定番スポットが「ライステラス(棚田)」です。稲作が盛んなバリではいくつもライステラスやライスフィールドがありますが、なかでも有名なのが「テガララン・ライステラス」と「ジャティルイ・ライステラス」。この2つを中心に見どころをチェックしていきましょう。

ライステラスの見どころ

バリ島にあるライステラスは、日本でよく見かける平面上の田んぼと違い、段差やカーブなどがたくさんあり見る角度にとって違った姿を見せてくれます。稲刈りのタイミングによっておすすめの観光時期が変わるので最新情報をチェックしてください。

「テガララン・ライステラス」は、観光客が多く訪れるウブドやキンタマーニ高原から気軽にアクセスできるため、ウブド観光ツアーや定番モデルコースに含まれていることが多いです。ライステラスを眺めながら食事ができるお店が多いのも人気の理由でしょう。

ジャティルイ・ライステラス」は、とても広大で見応えがあります。以前は穴場スポットでしたが、2012年に世界遺産に登録されたことをきっかけに観光客が増えてきました。南部リゾート地から車で1.5〜2時間かかるので個人で行くのではなく、ツアーやチャーターを利用するのがおすすめです。遠くからだけでなく畦道を歩きながら近くから見学するという楽しみ方も。

ライステラスへの行き方

<テガララン・ライステラスへの行き方>

テガララン・ライステラスへはウブドから車で約15分ほどでアクセスすることができます。ツアーに参加する場合は交通手段は心配ありませんが、もし個人で行く場合はタクシーやカーチャーターを利用することになるでしょう。テガララン周辺は流しのタクシーがほとんどいないので往復で交渉しておくことが大切です。

ジャティルイ・ライステラスへの行き方

ジャティルティ・ライステラスはバリ島中部タバナン県に位置しています。多くのホテルが集まるクタなどの南部エリアからは車で約1.5〜2時間ウブドからは車で約1時間ほどです。こちらもバスなど公共交通機関はないので、タクシーやカーチャーターを利用してアクセスしましょう。他の観光地も見て回る場合はカーチャーターが便利でお得ですよ。

バリ島観光おすすめスポット②ウルワツ寺院

バリ島南部にある岬の断崖絶壁に佇む「ウルワツ寺院」は、バリ屈指のパワースポット。多くのツアーや人気のモデルコースにも組み込まれている外せない観光スポットです。そんなウルワツ寺院の魅力や楽しみ方をご紹介します。

ウルワツ寺院の見どころ

ウルワツ寺院はインド洋を見下ろす断崖絶壁にそびえ立つ荘厳な寺院。遠くから見てもその神聖な雰囲気や独特の存在感に目を奪われます。ウルワツ寺院はロケーションや建物の美しさだけでなく、絶好の夕日鑑賞スポットとしても有名です。

とても美しい夕日を背景に行われる名物のケチャックダンスも必見。ケチャックダンスは毎日ほぼ満員状態なほど人気が高く、早くからチケット販売の列に並ぶことになるので、ガイドがチケットを購入してくれるツアーに参加するのがおすすめです。寺院をゆっくり見学した後、約1時間の迫力あるダンスをお楽しみください。

ウルワツ寺院への行き方

<ウルワツ寺院への行き方①個人>

ウルワツ寺院はバリの定番観光スポットでもあるので多くのツアーに組み込まれています。できればツアーに参加するのが手っ取り早いですが、もし自分で行く場合はカーチャーターがおすすめです。タクシーで行くこともできますが、ウルワツ寺院周辺にタクシーがほとんどいないので帰りのタクシーを見つけられません。タクシーを利用する場合は往復料金で交渉して乗るようにしましょう。

<ウルワツ寺院への行き方②ツアー>

ウルワツ寺院でケチャックダンスを観たいという方はツアーに参加するのが一番おすすめです。多くのツアーが専用車ホテル送迎もついているので移動の心配はなく、寺院入場料やケチャックダンス鑑賞料も代金に含まれている場合がほどんどなので何かと安心。自分で行くと並ぶことになるチケット購入の列にもガイドが代わりに並んでくれるので、時間を無駄にすることなくショーの開始までゆっくり景色を楽しめます。

バリ島観光おすすめスポット③ウブド

バリ島観光でもっとも人気の高いエリアがウブドです。雄大な景色、寺院、美術館などバリの魅力がぎゅっと凝縮されたウブドの魅力をチェックしていきましょう。

ウブドの見どころ

ウブドの見どころは歴史や芸能・芸術、自然を一気に楽しめるところにあります。雄大な景色を楽しみたい方はテガララン・ライステラスで絶景に癒され、動物が好きな方はモンキーフォレストで猿たちを間近で観察、アートが好きな方はネカ美術館でバリアートを鑑賞したり、と過ごし方の選択肢がとても豊富。おすすめの観光時期はライステラスが最も美しい刈り上げ前の時期です。

ウブド王宮の前にはウブド市場もあり、たくさんのバリ雑貨や伝統菓子などお土産の買い物も楽しめます。映画のロケ地として使われたスポットもあるので、ロケ地巡りで訪れるという人も。ウブド中心地は地図を見ながら徒歩で散策できます。治安は悪くありませんが、観光客を狙った軽犯罪はあるのでスリや置き引きには注意してください。

ウブドへの行き方

 

ウブドはホテルが集まるクタやスミニャックなどの南部のビーチリゾート、繁華街から車で約1〜1.5時間ほどのところにあります。主なアクセス方法は以下の5つです。人数や予算、行きたいスポットなどを考えて最適な移動手段を選びましょう。

交通手段 ポイント
①ツアーに参加 ホテル送迎もあり、ウブドの観光スポットを効率よく回れる
②PERAMAバス クタ〜ウブドを結ぶ。片道Rp60,000とリーズナブル
③クラクラバス 冷房完備、Wifi付きのバスで快適。料金はRp80,000
④カーチャーター ウブドや他のエリアを自由に観て回りたいときにおすすめ
⑤タクシー 一人旅では割高だが、複数人で行く場合はそれほど高くならない

 

バリ島観光おすすめスポット④クタビーチ

バリでは美しいビーチで海水浴をしたり、マリンスポーツを楽しんだりしたいと考えている方も多いでしょう。ライステラスや寺院などの観光計画を立て終わり、残りの滞在時間で何する?と悩んでいる方もぜひビーチへ。ここでは、便利で人気の高いクタビーチをご紹介します。

クタビーチの見どころ

クタビーチはすぐ近くにバリ最大級の繁華街があり、いつも多くの観光客で賑わっています。年間を通してサーフィンを楽しめることもあり、サーファーにも大人気。海沿いには数々の有名ホテルやスパが並んでおり、リゾート気分を大満喫することができます。

クタビーチ周辺では食べ物に困ることもありません。人気の高いレストランが集まっており、美味しい食べ物やお酒をいただけます。海の見える絶景レストランもあるので、食事中もクタの海を楽しみましょう。夜も人が多いので治安もあまり心配する必要がありません。何するにも便利なクタビーチ、思い思いの過ごし方でお楽しみください。

クタビーチへの行き方

クタビーチのあるクタ村はバリ島南西部に位置しています。日本からは直行便でアクセスできるデンパサール空港へ向かい、空港から車で約15分ほどで到着。バリ到着後すぐにビーチに遊びに行ったり、買い物に出かけたりすることができます。クタビーチの近くのホテルに宿泊しておけば、帰国日も荷物を預けてぎりぎりまでお土産の買い物やスパなどを満喫できるのでおすすめです。

バリ島観光おすすめスポット⑤レンボンガン島

レンボンガン島はバリ島から日帰りでアクセスできる穴場リゾートです。綺麗な海はもちろん、マングローブの森を探検したり観光スポットをめぐったりと1日で充実した時間を過ごすことができます。治安も良いので安心して散策をお楽しみください。

レンボンガン島の見どころ

バリには綺麗なビーチが多く、シュノーケリングやダイビングを楽しめるスポットも目白押しです。レンボンガン島はそのなかでも透明度が高く、たくさんのカラフルなサンゴ礁や魚たちを見られるとして近年注目されています。マンタやマンボウとの遭遇率が高いことでも有名です。レンボンガン島の海は初心者から上級者までレベルを問わず多くの人を魅了しています。

レンボンガン島では海だけでなく、マングローブの森も外せません。水の中に力強く根を張るマングローブは圧巻で、小舟やSUPに乗って森を進んで行くと探検家になった気分を味わうことができます。その他、悪魔の涙イエローブリッジなどSNS映えしそうなスポットも目白押しです。

 <レンボンガン島満喫モデルコース>

 朝(8時頃):バリ島から船でレンボンガン島へ(約40分)

 午前:シュノーケリングまたはダイビング+マングローブの森探検

 午後:悪魔の涙、ドリームビーチ、イエローブリッジ見学

 夕方:バリのホテルに到着(18:00頃)

 

レンボンガン島への行き方

レンボンガン島は近年人気急上昇中の観光スポットでもあるので、バリ島発のツアーも増えてきています。ツアーで行く場合はホテル送迎からスピードボート島内の観光など全て込みなので、料金や予約などの心配が必要ありません。

もし自分で島まで行く場合はバリ島サヌールの乗船場まで向かいます。そこからはスピードボートとパブリックボートの選択肢がありますが、パブリックボートは本数も少なく運航も不定期なのであまりおすすめしません。スピードボートで短時間で移動し、レンボンガン島内でより長い時間楽しめるようにしましょう。

バリ島から行ける穴場の観光スポット

バリ島で滞在日数に余裕のある方やリピーターの方は少し時間をかけて穴場スポットに足をのばしてみてはいかがでしょうか。ここでは2つのおすすめエリアをご紹介します。

ジャワ島

バリの西隣に位置しているジャワ島はインドネシアの首都があるインドネシア諸島の本島です。バリ島の方が馴染みがあるかもしれませんが、地図で見るとジャワ島やその横のスマトラ島の大きさに驚くことでしょう。ジャワ島には現在も噴火の可能性があるブロモ山ボロブドゥール遺跡など壮大で見応えのあるスポットがたくさんあります。名物グルメのナシゴレンやミーゴレンも楽しみたいところ。バリからは飛行機や船で日帰りで行くことも可能です。

バリ東部

バリ東部には長い歴史をもつ寺院や手つかずの自然が残る絶景などの見どころがあります。SNSなどでよく注目されているのが「ランプヤン寺院」の割れ門です。門の間からは今年噴火して注目されたアグン山も眺められ、“天空の寺院”と呼ばれていることにも納得できます。クサンバの塩田では昔ながらの伝統製法で塩が作られる様子を見学したり、美味しい塩をお土産に買って帰ったりすることも。田舎町の散策をするのもおすすめです。

※アグン山の噴火情報については最新情報をチェックして必要に応じてルート変更や行き先の変更をするようにしてください。

バリ島観光おすすめの過ごし方

バリ島への航空券は買ったけれど、どこに行くか何するかまだ決まらないという方必見。バリ島の楽しみ方をいくつかご紹介します。観光時期に合わせて過ごし方を決めるといいでしょう。

バリ島ビーチでのんびり

地図で見るとわかるようにバリ島はそれほど大きな島ではありませんが、綺麗なビーチがたくさんあります。マリンスポーツなどで思いっきりはしゃぐのはもちろん、ビーチチェアに座って海を眺めたり、搾りたてのフルーツジュースを飲んだりしてのんびり過ごす時間もいいですよ。美しい海を目の前にくつろぎ、日頃の疲れを癒しましょう。

バリ島名物を食べ歩き

現地で食べる食べ物も旅の楽しみのひとつですね。バリでは日本でも知名度の高いナシゴレンをはじめ、美味しい名物グルメがたくさんあります。ビーチで楽しむシーフードバーベキューや路上で販売されている串焼き肉など安くて美味しいものを堪能しましょう。繁華街に出るとローカル食堂の他、豪華な料理が楽しめる高級レストランもあります。滞在中に食べ歩きをして美味しい思い出もたくさんつくってきてください。

バリ島雑貨屋さん巡り

バリでは一つひとつ丁寧に手作りされた伝統工芸品可愛い雑貨などお土産にもぴったりのものが目白押しです。バリらしいカラフルなデザインの雑貨は見るたびに気分が明るくなるという声も。市場やセレクトショップなどの雑貨屋巡りをしてお気に入りのものを見つけましょう。

バリ島伝統文化を体験

バリ島内には歴史や文化、宗教などにふれられる有名な寺院が点在しています。寺院巡りをしたり、ケチャックダンスなどを鑑賞したりして異文化体験をして旅の思い出にしてはいかがでしょうか。言葉がわからなくても雰囲気や迫力に感動させられますよ。 

バリ島観光まとめ

バリ島観光のおすすめ情報をご紹介してきましたが、いかがでしたか?海も山も街も、楽しみ方が豊富にあるバリを大満喫するためにも事前によく計画を立てて充実した時間を過ごしてきてください。定番スポットも穴場も楽しめるといいですね。

 

▼バリ島観光のおすすめツアーはこちら!

RECOMMEND おすすめの記事