バリ島現地ハウツー

バリ島に必須の持ち物2019最新版!これさえあれば完璧な必需品をチェック♪

バリ島への旅行に向けて、持ち物の準備はできていますか?

南国バリは日本と環境が大きく違うため、必要なものが変わってきます。

海外旅行ビギナーや初めてバリに行く人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 バリ島旅行必須!必ず持って行きたい必需品はこれ!

ここでは、バリ島旅行の必需品をご紹介します。

絶対に忘れてはいけないものばかりですが、逆に言えば「これさえあればなんとかなる」というものです。

準備に時間のかかるものあるため、旅行が決まった時点で早めに確認しておくことが大切です。

これだけは絶対に忘れずに!パスポート

旅行の必需品といえばパスポート!

旅行が決まったら、まずはパスポートの有効期限を確認しましょう。

バリ島のあるインドネシアは、入国時に6ヵ月以上有効であることが必要とされています。

パスポートは、残りの有効期間が1年未満になった時点で新しいものに切り替えることができるため、早めに手付きを行うのがおすすめです。

そして、写真のある一番のメインのページは、念のためにコピーをとっておきましょう。

また入国ビザに関しては、観光目的での入国(滞在期間30日以内)の場合は必要ありません

クレジットカードは最低1枚!

パスポートと共に旅の必需品であるクレジットカード。

バリは、マーケットや屋台などクレジットカードが利用できない場所もありますが、リゾートホテルへの宿泊費などは断然カード払いが便利。

また、現金は最小限の細かいお金さえ両替しておけば心配は要りません。

必要に応じて、クレジットカードのキャッシング機能を利用し、現地で現金を引き出すこともできます。

海外保険も付帯していることが多いので最低1枚は持って行きましょう。

2枚以上カードを作る場合は、別のカード会社を選ぶことが鉄則です。

怪我や病気で保険を利用することになった場合や、クレジットカードの紛失に備えて、カード会社の連絡先を確認しておくのも忘れずに

バリの海を堪能しよう!水着

エメラルドグリーンに輝く海はバリ島旅行の醍醐味の一つ!

シュノーケリングやバナナボートなどのアクティビティも満載で、ビーチで多くの時間を過ごすことでしょう。

南国の太陽に負けないカラフルな水着は、鮮やかな海と相性抜群です!

必ず役に立つ!ポケットティッシュ

バリ島の観光で困ることも多いのがトイレ問題。

高級レストランやホテルなどでは心配ありませんが、町中やビーチのトイレでは紙が切れていることも・・・。

水に流せるポケットティッシュを選べば、詰まってしまう心配もなく便利です。

 

▼ウルワツ寺院でのサンセット&ケチャダンスをお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

世界遺産や、壮大な自然を満喫できる「ウブド」。日本語ガイドとともに専用車で周る大満喫のツアーになっています!

 

 あると便利!必ず役に立つ持ち物はこれ!

上記の必需品以外にも、旅を快適に過ごすための便利な持ち物をご紹介します。

海外旅行中は、日本とは異なる環境で過ごすことになるため、思わぬハプニングが起こることもあります。

様々なシチュエーションを想定して準備をしておけば、安心して旅を楽しむことができるはず!

もしもの時に備えた準備を心がけましょう。

日焼け止めで日差しから肌を守ろう!

バリの日差しはとても強いため、日焼け対策は必須!

もちろん忘れてしまった場合はバリ島でも手に入れることができますが、普段使っているものの方が安心です。

海遊びや汗でも落ちにくい、ウォータープルーフタイプがおすすめです。

日除けの帽子やサングラスも忘れずに!

こちらも忘れてはいけない日焼け対策グッズ。

つばが広く、首元までおおえる帽子が人気です。

他にもサングラスや、上からはおることのできるショールなどがあると重宝します。

自分の身を守るための虫除け対策

バリ舞踊を見学したり、外のレストランで食事をしたりと、バリでは何かと屋外の活動が多くなります。

そんな時に気をつけたいのが虫刺され!

蚊を通した感染症へ感染する恐れもあるため、虫よけ対策は念入りに行っておきましょう。

液体物は手荷物での機内持ち込みが制限されているため、スプレータイプの虫除けを持って行く場合は預け荷物のスーツケースに入れることをおすすめします!

万が一忘れてしまった場合は、バリのスーパーなどで簡単に手に入れることができるので、探してみてください。

あると便利なウエットティッシュ

ローカルレストランや屋台で味わう食事もバリの醍醐味の一つ!

そんな時に活躍するのが、ウエットティッシュです。

おしぼりのない場所でも、さっと手やテーブルを拭くことが出来ます。

中でもアルコール成分配合のものがおすすめです。

飲み慣れている薬も忘れずに!

持病がある人はもちろんですが、そうでない人も一通り準備しておきたいのが薬。

旅行中は、環境の変化に体がついていかず、体調を崩しやすくなります。

また、食べ慣れていなスパイシーな料理にお腹の調子を崩してしまうことも・・・。

頭痛薬や風邪薬、胃腸薬、そしてダイビングなどで船に乗る予定のある人は酔い止めの薬など、普段飲み慣れているものを持参しましょう。

あってよかった! 旅のプロがおすすめする持ち物はこれ!

ここでは、旅慣れたプロがおすすめの持ち物をご紹介します。

バリの滞在をさらに便利に楽しめること間違いなしのグッズばかり!

特に1週間以上の長期の旅行を考えている人はぜひ持って行くことをおすすめします。

Wifiは旅の強い味方に!

今の時代、旅行に欠かせないインターネット!

情報を調べたり、目的地までの地図を見たり、翻訳機能を使ったりと旅の強い味方となってくれます。

バリ島では、ホテルやレストランなどに無料で利用できるWifiがあることが多く、それらを利用することもできます。

しかし、ホテルの中だけでなく色々とバリ島内を観光をしてまわりたいという方には、ポケットWifiのレンタルがおすすめです。

日本で借りる場合は、1日500円から借りることができ、空港で出発時に受け取ることで時間の節約にもなります。

バリ島現地でのレンタルを利用すれば、1週間2000円からとさらにお得に利用できます。

長期間の滞在や、現地でのスケジュールに余裕のある方は、バリ島でのレンタルを利用するのがおすすめです。

コンセントの変換プラグはCタイプを!

日本の電気製品をバリで利用するためには、このコンセント差し込み口を変換するためのプラグが必要となります。

バリ島ではC型プラグというものが使われているため、ぜひ準備しておきましょう。

バリの電圧は200V-50Hzと日本と異なるため、電圧の確認も必要です。

携帯電話の充電器は海外の電圧にも対応している場合が多いのですが、ヘアドライヤーや電動カミソリは事前に対応しているか調べてみてください。

もし対応していない場合は、変圧器の購入が必要になりますが、短期間の旅行であれば海外対応電化製品のレンタルがおすすめです!

インスタントの日本食は心強い味方

長期の滞在になると、やはり恋しくなるのが日本の味!

慣れない食事でお腹の調子が悪いときや、体調を崩してしまってレストランにいけない場合にも大活躍してくれます。

フリーズドライのお味噌汁や、うどん・そばなどのカップ麺、カップスープなどがあると安心です。

他にも、のど飴やちょっとしたお菓子などもおすすめです。

あると便利な圧縮袋

かさばる布類を圧縮できる便利な圧縮袋。

最近では100円均一でも販売されており、簡単に手にいれることができます。

特におすすめしたいのが、掃除機を使わずに利用できるもの!

旅先で織物や洋服を購入したときも、これがあれば簡単に圧縮してスーツケースのスペースを有効活用できます。

バリ島旅行 持ち物の注意点はこれ!

荷物のパッキング時に注意したいのが、機内への持ち込み手荷物です。

特に間違えやすいのが液体物に関するもの。

100ml(g)以下の容器に入った液体を、容量1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック製袋にいれることが必要です。

虫除けスプレーや、化粧水なども含まれるため、心配であれば預け荷物に入れるようにしましょう。

また、可燃性の成分を含む場合は持ち込み自体が禁止されていることもあるので、事前に成分を確認をしておくのがおすすめです。

 持ち物を万全にしてバリ島旅行を快適に楽しもう!

今回は、バリ島への旅行に欠かせない持ち物についてご紹介しました。

持ち物次第で、旅のスタイルがガラッと変わります!

旅行期間やバリ島での過ごし方に合わせて、必要なものをチョイスしてみてください。

 

▼ウルワツ寺院でのサンセット&ケチャダンスをお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

世界遺産や、壮大な自然を満喫できる「ウブド」。日本語ガイドとともに専用車で周る大満喫のツアーになっています!

 

 

RECOMMEND おすすめの記事