バリ島現地ハウツー

インドネシア・バリ島の電圧&コンセント事情!注意点や持ち物情報も要チェック

バリ島のあるインドネシアでは電圧もプラグタイプも日本と違います。電子機器を使ったり、充電したりするときには注意が必要です。ここではバリ島の電圧やコンセントの基本情報、注意点やあると便利な持ち物をご紹介していくので、旅行準備の参考にしてください。

バリ島電圧の基本情報

バリ島の電圧は日本の電圧と違うため、ホテルなどで安全に電化製品や電子機器を使用するために注意しておかなければなりません。まずはバリ島の電圧の基本情報についてご紹介していきます。

バリ島電圧の特徴

日本国内では100Vの電気が通っていますが、世界各国の電圧をみると220〜240Vのところがとても多いです。バリ島のあるインドネシアでは、他の東南アジアの多くの国やヨーロッパの一部の国と同じ220Vの電気が使われています。電圧の違う国で日本国内用に製造された製品をそのまま使うのは大変危険です。バリ島に行く際も電圧が違うということを頭に入れて準備を進めていきましょう。

バリ島電圧をそのまま使える電子機器

スマートフォンやノートパソコン、デジタルカメラなどは対応電圧が100V〜240Vとなっていることが多いので、国内外の電圧の違いを気にせずそのまま充電することができます。アダプターに表示されている電圧情報をチェックして変圧器が必要かどうか確認しておきましょう。

バリ島旅行で変圧器が必要な場合

電圧の違いに注意が必要なのが、日本国内で購入したドライヤーやヘアアイロンです。100〜120Vの表記がある製品をバリで使おうとすると220Vの高い電圧の電気が流れ、故障や火災の原因になります。ドライヤーはホテルに置いてあることが多いので事前に確認し、必要がなければ持っていかなくていいでしょう。ヘアアイロンを持って行く場合は変圧器も忘れないようにしてください。

 

▼バリ観光の定番!ウブドを満喫できるおすすめツアーはこちら!

バリ島・コンセントの基本情報

日本のコンセントは二本の平らなプラグですが、バリ島のコンセントは形状が違うためそのまま差し込むことができません。知らずにスマートフォンやカメラの充電ができなかったということがないよう以下の情報をチェックしてください。

バリ島コンセントの特徴

バリ島では主にCタイプと呼ばれる2つの丸い棒状のプラグが使われています。Cタイプはヨーロッパの多くの国で使われているもので、アジアでは韓国や中国の一部も同タイプです。Bタイプとよく似ていますが、差込口とピンが少し大きいので間違わないように注意してください。

バリ島コンセントをそのまま使える電子機器

バリ島のコンセントに日本のプラグをそのまま差し込むことはできません。ただ、ホテルによってはUSBを直接差し込める電源があるところもあるので、その場合はUSBケーブルでスマートフォンを充電することができます。もちろん、インドネシアやCタイププラグの国で購入した電子機器などは変換プラグなしでそのまま利用できるので変換プラグは買う必要はありません。

日本人が多く宿泊する高級ホテルには日本の変換プラグが置いてあったり、日本と同じコンセント差込口があったりすることもあります。変換プラグを持っていない場合や忘れた場合はまずホテルのフロントに相談してみましょう。貸し出ししてくれるかもしれません。

<ホテル例>

アヤナリゾート:変圧器、マルチ変換プラグ貸し出しあり

コンラッドバリ:マルチ変換プラグあり、変圧器は要確認

バリ島旅行で変換プラグが必要な場合

インドネシアで日本で購入した電子機器を充電するときやドライヤー、ヘアアイロンなどを使うときは変換プラグが必要です。BタイプやCタイプなどひとつのタイプのみに変換できるプラグは100円均一でも販売されているので、出国前に空港でバタバタ購入するのではなく、事前に購入しておくようにしましょう。

バリ旅行以外にも海外旅行に行く可能性がある方はあらゆるタイプに変換できるマルチタイプの変換プラグをひとつ買っておくととても便利です。USB差込口のあるマルチ変換プラグはタコ足なしでも複数の充電が一気にできておすすめ。ホテルによっては使えるコンセントが一つだけということもあるので重宝します。

バリ島旅行オススメの持ち物

電圧もプラグタイプも違うバリ島への旅行であると便利な持ち物をご紹介します。現地で購入した方が安いことも多いですが、無駄な時間をとらないためにもできれば事前に準備していくようにしてください。

電子機器が多い方はタコ足が便利

日本ではベッドサイドにコンセントあることが多いですが、海外のホテルではないことも多いです。部屋に使えるコンセントが一箇所というところも。一人で宿泊するときは問題ないかもしれませんが、複数人のときはタコ足があると便利です。ただし日本のタコ足は100V対応のものなので、海外で使える高電圧対応のものを用意するようにしてください。

海外対応製品

ドライヤーやヘアアイロンなどを持参したい場合は、日本国ないでも海外でも使うことができる製品を購入しておくと海外旅行のときに重宝します。使う国の電圧にあわあせてスイッチ一つで切替えすることができ、重くてかさばる変圧器を持って行く必要がなくなるので便利です。海外対応の製品は家電量販店の旅行グッズコーナーなどで販売されているのでチェックしてみてください。

バリ島旅行で変圧器を現地調達する方法

現地でどうしても変圧器が必要な場合は、まず宿泊先のホテルで貸し出しをしていないか聞きましょう。アヤナリゾートやコンラッドバリなどでは変圧器の貸し出しがあります。もしない場合は近くで購入できる場所を聞いて買いに行くことになります。変圧器はデパートや家電量販店で販売されていますが、日本の変圧器のように100V出力のものはなかなか見つからないのが現状です。急に必要になったときに現地ですぐに購入するのは難しいと考えておいた方がいいでしょう。

バリ島旅行で変換プラグを現地調達する方法

 変換プラグは外国人がよく行くスーパーなどで販売されています。変換プラグは変圧器以上に貸し出しをしているホテルが多いので、買いに行く前にホテルで聞いてみるようにしてください。ホテル内の売店で販売しているところもあります。わざわざ買いに出かけたのに必要なかったということがないよう、まずはホテルのフロントで相談することが大切です。

バリ島の電圧・コンセント情報まとめ

バリ島の電圧・コンセント事情についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?インドネシアのみならず海外の多くの国で日本とは違う電圧、プラグタイプが使われています。将来必要となるかもしれない方はマルチ変換プラグと変圧器、もしくは海外対応のドライヤーやヘアアイロンをひとつ持っておくといいかもしれませんね。必要な物を事前に準備して安全に滞在してきてください。

▼バリ観光の定番!ウブドを満喫できるおすすめツアーはこちら!

RECOMMEND おすすめの記事