バリ島ヌサドゥアのホテル
バリ島出発前ハウツー

バリ島のベストシーズンを徹底解説!天気の良い季節からお得に旅行できる季節まで、タイプごとにご紹介

バリ島の旅行で一番気になるのが、ベストシーズン情報!

年間を通して南国であるバリですが、気候や旅行代金が季節ごとに異なります

今回ご紹介する様々な情報を通して、とっておきのバリのベストシーズンを見つけてみてください。

バリ島の天候の特徴

南国のバリは、年間を通して同じ気候が続くと思っている方はいませんか?

日本のような四季はないものの、11~3月の雨季と4~10月の乾季に分かれているのが特徴です。

年間を通して比較的気温に変化はありませんが、緩やかに雨季から乾季へと変化しています。

バリ島には台風がありませんが、日本に直撃してしまった場合は欠航や遅れが生じることがあり台風シーズンには注意が必要です!

それぞれの天候に合わせた過ごし方があるため、気候について事前に知っておくことが大切です。

バリ島の平均気温

バリの年間平均気温は約28℃

年間を通して、あたたかな気候が特徴です!

バリ島の最低気温は、年間を通して24℃から25℃と比較的変化がありません。

しかし、ブサキ寺院やアグン山の高度の高い場所は冷え込みますので、はおりものやストールが一枚あると安心です。

一方最高気温は、年間を通して29℃から31℃となっています。

基本的には、日本で過ごす夏服で一年中過ごすことができます。

バリ島の平均降水量

平均気温と違い、一年を通して差が激しいのが平均降水量です!

11~3月の雨季では、100mlから280mlとなっています。

熱帯特有のスコールが多く、稀に一日中降り続くこともあります。

一方4~10月の乾季では、10mlから80mlとなっています。

年間を通して、一番降水量の多い月は1月、少ない月は8月となっています。

バリの気候を抑えるポイントは、平均降水量にあるということがお分かりいただけましたか?

 

▼ウルワツ寺院でのサンセット&ケチャダンスをお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

世界遺産や、壮大な自然を満喫できる「ウブド」。日本語ガイドとともに専用車で周る大満喫のツアーになっています!

 

 天気の良さが魅力!バリ島の乾季(4~10月)

ゴールデンウィークや春休み・夏休みなどの大型連休も多いこの季節は、バリ島旅行にぴったりの季節です。

長期休暇は、ぜひ南の楽園でのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

気になるバリ島乾季の基本情報

雨のほとんど降らないこの季節は、カラッとした南国の空気を十分に味わうことができます。

高い気温であっても、湿度が比較的低いため、日陰に入れば日本よりも過ごしやすく感じることでしょう。

バリ島の乾季におすすめの服装と注意点!

乾季の服装は、基本的に7/8月の東京で過ごす格好で問題ありません。

注意したいのが、タンクトップなど露出の多い服装!

寺院に入れないことがあるため、上から着られるTシャツやカーディガンなどを準備しておくとよいでしょう。

エアコンの効いた場所や、冷え込みに備えてストールなどの薄手のものがあると便利です。

晴れの日が多い一方で、紫外線も厳しいのがこの季節です。

日焼け止めや、サングラス、帽子などの対策グッズを忘れずに持っていくようにしましょう!

バリ島乾季のおすすめの過ごし方はこれ!

美しいサンセットを見られるのも、天候の良い季節ならでは!

大空の下で、バリ島の自然を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

乾季におすすめの観光スポット!

エメラルドブルーに輝く美しい海を堪能したい人におすすめなのが、レンボンガン島

バリ島からフェリーで約30分のところに位置するこの島では、離島ならではのダイナミックな自然を味わうことができます。

シュノーケリングスポットや、ダイビングスポットも数多く点在しマリンアクティビティも充実!

ツアーを利用すれば日帰りでも楽しめるので、ぜひ訪れていただきたいスポットです。

他にも、乾季ならではの観光ポイントとしてあげられるのがケチャックダンス!

野外で行われることが多く、美しい夕日や空の下で見学するバリの伝統舞踊は迫力満点です。

▼エメラルドブルーの海が広がるレンボンガン島の大自然を余すことなく堪能できるツアーはこちら!

エリアランキングNo.1の自慢の充実プランとなっています。

 

 乾季におすすめのアクティビティ

晴れの日が多く、海の透明度も抜群の季節!

シュノーケリングやダイビングなどマリンアクティビティを存分に楽しむことができます。

また、サーフポイントにいい波が立つことも多いため、サーフィンへのチャレンジもおすすめです。

初心者向けの体験ダイビングや、サーフィン教室なども多く開かれているため、ぜひバリで初チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

幻想的な景色とフルーツを楽しめる!バリ島雨季(11月から3月)

バリ島の雨季は、ザーッと降るスコールが特徴的です。

1日中降り続くことは少ないため、タイミングが合えば海遊びも楽しむことができます。

雨上がりの幻想的な風景も、美しいバリの景色の一つです。

また、南国の色あざやかなマンゴーやドリアンなどのフルーツが美味しいのもこの季節の魅力となっています。

気になるバリ島雨季の基本情報

突然のスコールが起こりやすいこの季節。

大雨によって渋滞も起こりやすくなるため、ツアーやカーチャーターを考えている人は時間に余裕を持って1日の計画を立てることが必要です。

雲も多く、天候に左右されやすいものの、雨季ならではの過ごし方でバリ島を楽しむことができます。

バリ島の雨季におすすめの服装と注意点!

服装は乾季と同様、基本的に7/8月の東京で過ごす格好で問題ありません。

急な雨に備えて、靴下や靴で過ごすのではなく、ビーチサンダルで過ごすのがおすすめです。

また、雨の後は急激に冷え込むこともあるため、長袖やカーディガンを忘れずに持って行きましょう。

カッパや折り畳み傘などは、日本から持っていっても現地のお店で調達してもよいでしょう。

特に蚊や虫の多い季節となるため、現地のお店やスーパーなどで虫除けスプレーを購入するのがおすすめです。

バリ島雨季のおすすめの過ごし方はこれ!

雨季の魅力も盛りだくさんのバリ。

雨露に濡れて輝く緑は、バリならではの美しい風景です。

スコールに当たってしまったら、ホテル内で極上のスパを体験してみてはいかがでしょうか。

雨天時にも楽しめる施設が併設されているホテルを選べば、天候に左右されずに充実した時間を過ごせそうです。

他にも、バリグルメをレストランで味わったり、雨天時でも楽しめるバリ舞踊を見学したりと多くの過ごし方があります。

バリ島のベストシーズンっていつ?

バリ島を楽しむためのベストシーズンについて徹底解説!

それぞれの楽しい過ごし方があるため、予算ややりたいことに合わせて季節を選んでみてください。

気候のベストシーズン!メリットとデメリット

初めてバリ島に行く人、また限られた日数での旅行を考えている人におすすめなのが気候のよいシーズン!

ズバリ乾季の4月から10月です。

中でも、7月から9月にかけては、特に安定した爽やかな晴れの日が多いためおすすめです。

しかし、気候のベストシーズンは、世界中から観光客が集まり、さらに夏休みもあいまってハイシーズンとされています。

そのため物価や旅行代金が高くなってしまうのがデメリットと言えそうです。

価格のベストシーズン!メリットとデメリット

バリのリピーターや、少しでも安く旅行をしたい人、また比較的長期間の滞在が可能な人にはオフシーズンである雨季がおすすめです。

航空券やホテル代金なども、オフシーズンは格安となっています。

しかし、オフシーズンの中でもクリスマスから年末年始にかけては高い料金が設定されているため、価格のハイシーズンと言えます。

また、1月末から2月中旬に行われる中国の旧正月には多くの中国人観光客で賑わいます。

それによって渋滞が多く発生しやすくなるため、できれば避けたほうが良さそうです。

天候&ベストシーズン情報を利用してバリ島を満喫しよう!

雨季と乾季でそれぞれの違った顔を持つバリ島。

どちらも魅力的で、楽しい過ごし方があります。

今回ご紹介した、気候ごとの情報をもとに、自分にとってのベストシーズンを見つけてみてください!

 

▼ウルワツ寺院でのサンセット&ケチャダンスをお楽しみいただける盛りだくさんのツアーはこちら!

世界遺産や、壮大な自然を満喫できる「ウブド」。日本語ガイドとともに専用車で周る大満喫のツアーになっています!

 

 

RECOMMEND おすすめの記事