バリ島象乗り体験
人気アクティビティ

バリ島で象とふれあおう!今人気の象乗り体験ができるスポットや、持ち物&注意点を解説

「象の楽園」バリ島では、象の水浴びを間近で見学したり、象の背中に乗ったりできます!

とくに後者は「象乗り体験」「エレファントライド」と呼ばれ、バリ島では人気のアクティビティです。しかも、バリ島でふれあうことのできる象は、絶滅危惧種のスマトラ象。個体差はありますが、スマトラ象は温厚な性格で、すごく人懐っこいのが特徴です。

象の背中に乗り、美しい熱帯雨林や田園風景のなかをゆっくりお散歩してみませんか?

この記事では、バリ島で象乗り体験/エレファントライドができるおすすめスポットを2点ご紹介しています。また、象乗り体験をする際の注意点や、持ち物など現地ハウツーも解説。バリ島への観光をお考えの方は、ぜひエレファントライドを体験してみてください。

バリ島 象乗り体験について

バリ島象乗り体験

象乗り体験は象の背中にとりつけられた椅子にすわり、サファリパークをお散歩する人気のアクティビティ。バリ島のパークで暮らすスマトラ象は温厚な性格のため、急に暴れだすような心配もなく、パークの自然を感じながらゆったりラフティングできますよ。まずはバリ島で体験できる象乗り体験/エレファントライドの流れや、所要時間などを解説します。

バリ島 象乗り体験の流れ

バリ島象乗り体験

一般的な象乗り体験/エレファントライドの流れをチェックしてみましょう。

サファリパークに到着し、受付をする

まずはロビーで受付をしましょう。ロビーの前を象が通るパークもあり、早速お出迎えしてくれます。受付では自分の名前を告げ(英語しか通じないパークが多い)、料金を支払います。このとき、象にあげる果物をオプションで購入することもできますよ。また、パーク内のレストランを利用する場合はあらかじめメニューを選択し、料金を前払いするところもあります。

傷害保険の申し込みをカウンターでする

万が一のことも考え、サファリパークでは傷害保険への加入が義務づけられるところがほとんどです。申込みといっても、用紙に名前をアルファベットで書き、サインするだけでOK!

象乗り場に移動し、いよいよ象に乗ります

手続きが終わったら、ガイドさんと一緒に象乗り場に移動しましょう。受付で引き換えチケットのようなものを渡されると思うので、象乗り場の係員に渡します。エレファントライドは二人乗りのところが多いですが、最初に乗る人はすこし苦労するので(象の背中に乗ったあと、椅子の上を移動するため)、お子様や高齢の方は後で乗ってもらうようにしましょう。

象乗り体験後、パークでランチやお土産購入

象乗り体験はいかがでしたか?

サファリパークにはたいていレストランがあるので、ランチを楽しむのもおすすめ。受付で前払いするシステムの場合は、引き換えチケットをウェイターに渡しましょう。パーク内にはミュージアムがあることも多いので、象の置物やTシャツなどのお土産を購入できますよ。

バリ島 象乗り体験の所要時間

バリ島象乗り体験

象乗り体験/エレファントライドにかかる所要時間ですが、今は20分から40分くらいのショートトレックが主流です。ハイシーズンの場合は待ち時間が発生する可能性もありますので、受付や保険加入の時間もあわせて、時間の余裕はある程度見ておいたほうがよいでしょう。

バリ島 象乗り体験の予約方法

バリ島象乗り体験

ここではバリ島でのエレファントライドに興味を持たれた方のため、エレファントライドの予約方法を解説します。自力でエレファントサファリを探し、オンラインで予約することもできますが、ツアー会社が提供するオプショナルツアーに参加する方法もあります。

自力で象乗り体験を予約する場合

バリ島象乗り体験

まずは自力で象乗り体験のサファリパークを探し、予約する場合です。

バリ島のエレファントサファリは催行会社が母体にあり、行きたいサファリのホームページから予約できるところがほとんどです。催行会社にもよりますが、たいていはオンラインチケットが発行されますので、サファリ来訪当日に受付カウンターで見せましょう。ただし、バリ島のサファリは日本語が通じないところが多く、英語かインドネシア語での手続きになります。

オプショナルツアーに参加する場合

バリ島象乗り体験

なかには英語やインドネシア語での手続きに不安がある方もいるでしょう。そういう方は、エレファントライドをプランに含むオプショナルツアーに参加するという選択肢もあります。

オプショナルツアーに参加するメリットは、予約を完全代行してもらえるだけではありません。ホテルからの無料送迎があったり、ランチやディナーのセッティングをしてもらったり、「海外旅行するときにめんどくさいこと」をツアー会社にやってもらえるのがポイントです。とくにバリ島旅行が初めての方は、ツアーを利用するのがおすすめですね。

バリ島 象乗り体験ができるスポット

バリ島象乗り体験

2019年2月現在、バリ島で象乗りや象とのふれあいが体験できる場所は、全部で5箇所から6箇所ほどあります。そのなかから、とくにおすすめの場所を2点ピックアップしました。

象乗り体験スポット①バリズー

バリ島象乗り体験

バリズーは合計450種類の生き物が暮らすバリ島随一の動物園です。広大な園内には象の姿をしたヒンドゥー教の神様「ガネーシャ」像もあり、ショップでは置物も売っています。

バリズーにはオランウータンと朝食を食べるコースや、動物たちも登場するナイトショーなどもありますが、もっとも人気のアクティビティはエレファントライド。スマトラ象のほか、ベンガル虎やオランウータン、マレー熊も生息する「カンプン・スマトラ」エリアにて、ラフティングが楽しめます。カンプン・スマトラは4haもの広さがあり、大興奮まちがいなしです。

バリズーでのラフティング時間20分で、カンプン・スマトラをぐるっとひと回りするイメージ。象の背中には小さな椅子がついているので、ある程度大きなお子様なら同伴OKです。エレファントライドが終わったら、スマトラ象と一緒に記念写真を撮ることができますよ。

バリズーの場所・行き方

バリ島の象乗り体験

クタ、スミニャック、ウブド、ヌサドゥア、ジンバラン、サヌールなどのエリアに宿泊している場合、朝昼二回の送迎サービスもあるので、予約する際は確認しておきましょう!

もっとも近いのはウブドとサヌールで、タクシーでおよそ30分の距離にあります。クタやスミニャック、デンパサール国際空港のような南エリアからはおよそ60分。高級リゾート地のヌサドゥアだと一般道路で90分ほどかかるため、無料送迎を利用した方がよいでしょう。

店名 Bali Zoo
住所 JL.Raya Singapadu, Sukawati, Gianyar
電話番号 0361-294357
営業時間 09:00-18:00(最終入園17:00)
URL https://www.bali-zoo.com/

象乗り体験スポット②メイソン エレファント サファリパーク

バリ島象乗り体験

メイソン エレファント サファリパークは、バリ島で唯一のエレファントサファリです。ここにいるのはなんと象だけ。象とのふれあいやラフティングに特化したような動物園なんです。

エレファントサファリだけあって、パーク内にはいたるところにヒンドゥー教の象の神様「ガネーシャ」の像があり、バリ島の人々が神様を大切にしているのがよくわかります。

エレファント サファリパークで体験できるのは、エレファントライドはもちろん、象への餌やり、象とのふれあい(体に触れます)、象が出演するライブショー、写真撮影コーナーといたれりつくせり。エレファントライドは30分間のコースで、バリ島有数の自然美を誇る「タロ村」をゆっくりお散歩します。美しいバリ島の熱帯雨林を象の背中の上で感じましょう!

パーク内には「メイソン エレファント パーク&ロッジ」が併設され、ホテル宿泊者は入場料が無料です。近くにビュッフェスタイルのレストランがあるため、ランチだけの利用もおすすめ。パーク内にはミニミュージアムも存在し、かわいい象の置物や、象がプリントされたTシャツなどを購入できます。バリ島観光のお土産にもぴったりではないでしょうか?

メイソン エレファント サファリパークの場所・行き方

バリ島の象乗り体験

エレファント サファリパークも無料送迎がありますが、こちらは朝の5時台~6時台のみとなっています。対象となるのはヌサドゥア&ジンバラン、クタ&スミニャック、サヌール、ウブドの四つのエリアだけです。エリアによって送迎時間が異なるため、確認しておきましょう。

もっとも近いのはウブドで、タクシーで30分ほどで行くことができます。サヌールへは車で60分、クタやスミニャック、デンパサール国際空港のような南エリアへは90分ほど。ヌサドゥアへはマンダラ高速道路を使う必要があるため、無料送迎を利用した方がよいでしょう。

店名 Mason Elephant Park
住所 Jl.Elephant Safari Park, Taro, Ubud
電話番号 0361- 721480
営業時間 8:00-18:00(最終入園17:00)
URL http://masonadventures.com/
▼バリ島でエレファントライドを体験できるオプショナルツアーはこちら!

バリ島 象乗り体験の口コミ

バリ島象乗り体験

象乗り体験のオプショナルツアーに実際に参加した方の口コミをチェックしてみましょう。

象の鼻と握手ができた!

バリ島象乗り体験

念願のエレファントライドだったが、楽しむことができた。象乗り体験はもちろん、かわいい子象へ餌をやることができた。子象とは鼻で握手することもでき、素敵な体験になった。

オリジナルのショートムービーがもらえた!

バリ島象乗り体験

象乗り体験などを体験した後、ツアーの最後にガイドさんが自ら写真や動画を編集してくれた。オリジナルのショートムービーを思い出としてプレゼントしてもらえて、感激した。

道中の道が悪く、車が揺れた…

バリ島象乗り体験

クタからサファリパークまで2時間のドライブだった。サファリパークに至るまでの道は狭く、橋が壊れていて片側通行の場所もあった。ある意味でインディジョーンズのような体験ができたが、車がかなり揺れた。車酔いをしやすい方は酔い止めを持参した方がよいと思う。

バリ島 象乗り体験の服装&持ち物や注意点

バリ島象乗り体験

バリ島で象乗り体験をする際の服装&持ち物や、注意点を解説します。

まずは象乗り体験の服装&持ち物ですが、バリ島は日本とちがって日差しが強いため、UV対策は必須です。日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、帽子やサンバイザー、サングラスなどで防御を固めておきましょう。また、象に乗る際は動きやすい服装の方がよいでしょう。

象乗り体験の注意点ですが、サファリパークによっては象に鼻で水をかけられるプログラムがあるため、スマホやデジカメで撮影をする際は注意です。防水仕様でない場合、下手をするとオシャカになります。スマホはジップロックに入れておいた方がよいかもしれません。

また、象乗り体験にかぎらず、バリ島ではお正月(ニュピの日)はどのお店もお休みになってしまいます。ニュピの日にサファリへ行っても閉園のところが大半でしょう。2019年は3月7日、2020年は3月25日がお正月ですので、その付近にバリ島観光するのは避けましょう。

バリ島 象乗り体験情報まとめ

バリ島象乗り体験

バリ島のユニークなアクティビティ「象乗り体験」に興味を持っていただけましたか?

バリ島のサファリパークは熱帯雨林や田園風景が美しいところが多く、スマトラ象の背中の上から景色を眺められます。スマトラ象は穏やかな個体が多いため、ゆっくりお散歩するような感覚でラフティングできますよ。あわせて象への餌やりや写真撮影なども楽しみましょう。バリ島観光の際は、ぜひサファリパークで象乗り体験/エレファントライドをどうぞ!

▼バリ島でエレファントライドを体験できるオプショナルツアーはこちら!

RECOMMEND おすすめの記事