バリ島ゴルフ
人気アクティビティ

バリ島のゴルフ情報まとめ!開放的で南国チックなバリ島のゴルフ場は、初心者も上級者もOK!

バリ島ならではの絶景&大自然を感じながら、本格的なゴルフコースを回ってみませんか?

バリ島ではゴルフ場が続々とオープンし、世界各国のゴルフ好きの注目を浴びています。バリ島のゴルフコースは初心者から上級者まで、すべてのゴルファーがターゲットです。プロトーナメントの開催経験を持つゴルフ場もあれば、初心者にうれしい9ホールのゴルフ場も。

そして、多くのゴルフ場に共通するのが、バリ島の雄大な自然美を活かしたコース設計!

日本にはなかなかないサンセットの時間帯のラウンドプランもあり、オレンジ色の夕日を浴びながら、美しいインド洋雄大なアグン山をバックに思いっきりゴルフができます。

この記事では、バリ島でゴルフをしてみたい方のため、旅行記やガイドブックで人気のゴルフ場を三つピックアップしました。バリ島のゴルフ場での注意点もまとめています!

バリ島のゴルフ場について

バリ島ゴルフ

バリ島のゴルフ場が人気なのは、バリ島ならではの絶景&大自然を活かしたロケーションがポイント。ここでは、バリ島のゴルフ場の特徴や、日本のゴルフ場との違いを解説します。

バリ島のゴルフ場の特徴

バリ島ゴルフ

2019年2月現在、バリ島には6つのゴルフコースがあります。バリ島のゴルフ環境は懐が深く、数は少なくてもゴルフ好きにはたまりません。プロ仕様のテクニカルで戦略的なコースはもちろん、オールPAR3だったり、9ホールしかなかったりと初心者&女性向けのコースも。

コースからの眺めもすばらしく、バリ島の大自然を肌で感じることができますよ。海沿いにつくられたコースが多く、ほとんどのホールから青々としたインド洋を拝むことができます。また、コースから美しい棚田ヒンドゥー教の寺院が見えたり、バリ島最高峰のアグン山が遠くにそびえていたりと、ラウンド中の景観の豊かさではほかの国の追随を許しません。

バリ島のゴルフ場と日本のゴルフ場の違い

バリ島ゴルフ

バリ島でゴルフをするのがはじめての方にとって、気になるのが日本のゴルフ場との違いですよね。バリ島のゴルフ場はけっこう日本の常識と異なるため、戸惑うゴルファーも多いです。「バリ島のゴルフ場で気をつけるべきポイント」をひとつずつチェックしていきましょう。

料金の支払いはラウンド前に

日本だとラウンド後にお風呂で汗をながし、帰り際にお会計をするのが基本ですよね。ところが、バリ島のゴルフ場はラウンド前にプレイ代を支払う前払い制です。食事代や、ショップで買ったものについては、ショップで精算するか、ラウンド後に精算する形が多いです。

スループレイ(休憩なし)が基本

18Hのコースの場合、日本のゴルフ場では9H回った後にランチをとるのが一般的でしょう。バリ島のゴルフ場では、なにも言わずにスタートするとスループレイ(休憩なし)になります。日本と同じように休憩をとりたい場合は、スタート時にキャディに申し出ましょう。

専属キャディがつく

日本のゴルフ場では、1組4名(フォーサム)に対してキャディが1人つくか、格安ゴルフ場ならセルフのところが多いですよね。ところが、バリ島のゴルフ場では、プレーヤー1名に対してキャディが1人つきます。つまり、プロゴルファーのように専属キャディがつくんです。

専属キャディと二人三脚のタッグを組んで、難攻不落のゴルフコースを攻略していきましょう。ゴルフ初心者の方も、キャディに申し出ればちゃんとサポートしてもらえますよ。

キャディへのチップも必要

これも日本のゴルフ場ではありえないですが、バリ島ではキャディへチップを渡しましょう。もちろん、ラウンド料金にキャディフィーが含まれますが、バリ島のゴルフ場ではチップを払うのが慣習です。チップの金額は、Rp.150.000~200,000(1,200円~1,600円)ほど。

バリ島のおすすめゴルフ場3選

バリ島ゴルフ

バリ島の6つのゴルフコースのなかで、旅行記やガイドブックでとくに人気のあるものを三つピックアップしました。それぞれのゴルフコースの特徴も解説しています。

ビーチ ゴルフ

バリ島ゴルフ

ビーチゴルフはデンパサール空港から車で20分、サヌールにあるゴルフコースです。

全部で9Hのコンパクトなコースで、18H回りたい場合は同じコースを二周する形になります。バリ島のゴルフ場ではもっともカジュアルで、ゴルフ経験が少ない方や、ローコストでバリ島ゴルフを楽しみたい方におすすめ。ひとつひとつのホールもそれほど距離がなく、フェアウェイも狭いため、ティーショットでドライバーを使うケースは少ないでしょう。

とはいえ、コンパクトながらも起伏に富んだコースレイアウトなので、テクニックのある上級者でも一筋縄ではいきません。気軽に腕試しするにはうってつけのコースでしょう。毎晩19:00~22:00はドライビングレンジがオープンするため、練習場だけの利用もできます。

サヌールの街中にあるため、グリーンからの景観が他のゴルフコースとくらべて見劣りするのと、乗用カートのかわりに手引きカートなので、すこし疲れるのがネックですね。

店名 Bali Beach Golf Course
住所 Jl. Hangtuah No 58, Sanur, Denpasar
電話番号 0361-287-733
スタート時間 06:00~
URL http://www.balibeachgolfcourse.com/
予約キャンセル 前々日以降のキャンセルは、キャンセル料が発生

ニュークタ ゴルフ

バリ島ゴルフ

ニュークタゴルフは、クタのドリームランド内にあるゴルフ場です。

ニュークタゴルフはプロトーナメントが開催されることもあるプロ仕様のゴルフコース。2017年も「アジアデベロップメントツアー」が開催されました。日本のゴルフ場で鳴らした上級者でも、このバリ島随一のテクニカルでアグレッシブなコースには苦戦することでしょう。

インド洋を臨む断崖絶壁の上にあるコースなので、ティーショットの爽快感は抜群。コースはかなり距離があり、フェアウェイも広めのため、豪快にボールを飛ばせますよ。海沿いなのもあって強い海風が吹くので、流されないように気をつける必要はありますね。また、グリーンはかなりボールが走るため、繊細なパッティングが要求されるコースでもあります。

ラウンド中の景観も抜群で、広々としたインド洋に向かってボールを思いっきり飛ばす感覚は、日本ではなかなか味わえないでしょう。バリ島有数の寺院であるウルワツ寺院とも近く、ホールによっては遠くに見えます。ゴルフ好きなら一度はプレーしたいコースです。

店名 New Kuta Golf
住所 Jl. Raya Uluwatu, Kawasan, Pecatu Indah Resort Pecatu, Jimbaran
電話番号 0361-8481-333
スタート時間 06:00~
URL http://www.newkutagolf.com/
予約キャンセル 前々日以降のキャンセルは、キャンセル料が発生

バリナショナル ゴルフクラブ

バリ島ゴルフ

バリナショナル ゴルフクラブは、ヌサドゥアの南エリアにあるゴルフ場です。

バリナショナル ゴルフクラブはもともと「バリゴルフ&カントリー」というゴルフ場でしたが、2014年にリニューアルオープンしました。リゾートホテルが立ち並ぶヌサドゥアにあるため、短い距離のホールが多いですが、フェアウェイは広く手応えは十分。ヌサドゥアや近隣のジンバランに宿泊している人が、リゾート気分で回るにはちょうどよいでしょう。

10打席165ヤードの打ちっぱなしもあり、ボールやクラブもレンタルできるためゴルフ練習にも十分。バンカーの練習場もあるので、練習場を攻めるのもおもしろいかもしれません。

店名 Bali National Golf Club
住所 Kawasan Wisata, Nusa Dua
電話番号 0361-771-791
スタート時間 06:00~
URL http://www.balinationalgolf.com/
予約キャンセル 前々日以降のキャンセルは、キャンセル料が発生

ゴルフ場の位置を地図で確認

バリ島ゴルフ

ゴルフ場があるクタ、サヌール、ヌサドゥアの位置を地図で確認しましょう。どのゴルフ場もデンパサール空港(地図の飛行機マーク)から近く、車で10分~30分ほどで行けますよ。

バリ島のゴルフ場の価格相場や最安価は?

バリ島ゴルフ

バリ島のゴルフ場の価格相場ですが、日本の格安ゴルフ場と同程度と考えてください。

もっともラウンド料が安いビーチゴルフの「サンセットプラン(9H、日没終了)」で、最安価が1人8,000円です。18Hのゴルフコースなら、ニュークタゴルフの「午後からプラン」の最安価が1人10,000円となります。ラウンド料にはフィーのほか、練習場やロッカーの利用料も含みます。シーズンによって多少変わりますので、利用前に確認しましょう。

宿泊先のホテルからの送迎付きプランもありますが、1,000円~2,000円ほど料金がプラスされます。タクシーより安い場合も多いので、ゴルフ場から遠い場合は検討してみてください。

バリ島ゴルフのおすすめポイント

バリ島ゴルフ

バリ島のゴルフ場のおすすめポイントをわかりやすく解説します。

ゴルフ場へはボールやクラブを持っていかなくてもOK

バリ島ゴルフ

バリ島は遠方から観光客がやってくる人気観光地だけあって、「手ぶらでゴルフができる」環境です。ボールやクラブ、シューズはフロントかショップで申し出ればレンタルできます。

開放的で海を感じられるゴルフコース

バリ島ゴルフ

日本にも山の風景が美しいコースはありますが、バリ島では「海やビーチ」をバックにラウンドを回れます。海外だとハワイにも海沿いのコースがありますが、バリ島のコースはウルワツ寺院やタナロット寺院をはじめ、ヒンドゥー教の寺院が見える点もユニークですね。

とくにニュークタゴルフはインド洋に面した断崖絶壁の上にあり、コースも広く、開放感を感じられます。海に向かってティーショットを打つ感覚は日本ではなかなか味わえません。

バリ島でゴルフをする際の持ち物

バリ島ゴルフ

バリ島ではボールやクラブ、シューズなど必要なものはレンタルできるため、手ぶらで行くのもOKです。ただし、クラブは6,000円くらい、シューズは1,000円くらいと、日本と値段がそう変わらないため、ボールやシューズくらいは用意した方がいいかもしれません。

バリ島でゴルフをする際の服装

バリ島ゴルフ

バリ島のゴルフ場では、日本のようにクラブハウスでのドレスコードはありません。よって、クラブハウスにジャケットを着ていく必要はないので、普段の服装で行きましょう。

ただし、ラウンドプレイ中はドレスコードが存在します。日本でのプレイと同様、襟付きのシャツを着用しましょう。TシャツでのプレイはNGです。パンツはショートパンツでもOK。

ドレスコードとは関係ありませんが、バリ島は日本とくらべて日差しが強いため、日焼け対策は必須です。日焼け止めを塗るのはもちろん、帽子をかぶったり、サングラスを着用したり、しっかり対策しましょう。バリ島は雨季(11月~3月)があるので雨対策も必要です。

バリ島のゴルフ情報まとめ

バリ島ゴルフ

バリ島のゴルフ情報をまとめてきましたが、いかがでしょうか?

バリ島のゴルフコースでは、雄大な大自然を感じながらラウンドを回ることができます。バリ島にはプロトーナメントも開催された本格的なゴルフコースがあり、上級者も手応えを感じられるでしょう。一人ずつ専属キャディがつくため、バリ島でのゴルフデビューもOK!

この記事でも旅行記やガイドブックで取り上げられたものを中心に、三つのゴルフ場をおすすめしていますので、ぜひバリ島旅行の際は足を運んでみてください。

RECOMMEND おすすめの記事